FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ばど美グラビアデビュー!~楽しく撮影に臨むため~

ばど美がついにグラビアデビュー!

一緒に暮らして4年になりますが、うちに来た頃はこんな素敵なチャンスが巡ってくるとは思ってもいませんでしたよ。
「女性自身」誌の長い歴史の中でもインコがグラビア3ページ渡って登場するのは初めてなのではないでしょうか(笑)

発売
(8月19日発売の女性自身)

企画を進めてくれたのは、ばど美と私が制作のお手伝いをし、現在も好評発売中である「インコ芸&おしゃべりレッスンBOOK」(日東書院本社)のライターKさんです。インコの行動やトレーニングに理解を示してくれるKさんとのお仕事はいつも楽しいっす。

企画の成功も大事ですが動物に負担がかかる仕事となってはいけません!今回もばど美がリラックスしてノリノリでできる環境を整えるにはどうしたらよいか、というところからスタートしました。

通常は「目新しいもの=怖い」となりがちな鳥達。これまでの社会化とトレーニングで「新しいもの=楽しいんじゃないか?」なばど美でさえ撮影を楽しめるための準備期間をたっぷり(一ヶ月弱あったかも)とってもらいました。

企画がGOになるとすぐ、撮影小物を集め始めました。いち早くばど美がなれて、それらの小物を対象に一瞬芸ができるようにトレーニングを進めるためです。

ポスト最初
(ポストを最初に見た時、自ら近寄って興味は示しているもののホッソイ:笑)

今回も主にクリッカーを使いました。私自身、ルアー(誘導)による方法も使わないわけではありませんが、やはり自発性を大切にしたクリッカートレーニングが、こんな場合にもむいています。新しいものに一瞬驚くけれど、これまでの経験から対象物克服をエキサイティングイベント(遊び)ととらえているばど美は、毎日のちょっとした練習時間が楽しそうでした。

片付けおこる
(道具をしまう時は不服そう。練習の終わりは悲しい知らせ。楽しいトレーニングの特徴です)

そしてもうひとつ、クリッカートレーニングの良い点は教えた行動だけでなく、インコが自分で考えついたクリエイティブな動きも見せてくれる点です。例えば、こんなもの。

枝豆
(撮影現場で出た枝豆の皿くわえる行動)

ビールを飲んでいるようにグラスに口をつける、持ち手部分を触るなどは事前に練習した動きですが、当日初めて見た枝豆の皿をくわえる行動には、居合わせたスタッフ全員大笑い。これはもともと予定していたショットではないので、ボツになるかもと思っていましたが採用になったようです。こうして見ると酒飲み過ぎ、酔っ払い感大ですね(笑)。

そんな、ばど美にも苦手があります。
足場となる床材。いつも慎重です。どの足場を使うことになるかわからないので、可能性のある床材は早めに入手して、その上を平気で歩けるように練習をします。

平気でいられなければ、その上で自信を持って一瞬芸をするのは難しいです!写真はシビアですから、怖がっていたり自信がなければ見ている相手にすぐに伝わります。

今回大失敗したのが、たいてい目の前(ケージの中にいる状態)で、新しいものを袋から出してゴソゴソしても大丈夫なばど美なのですが、いろいろな場面で使おうと思っていたスダレを出した時のばど美を近年珍しく驚かしてしまったようです。あちゃー!

ほっそーくなって、ケージのすみに寄って、疑い深そうな目で、そのスダレを見つめ、ケージ越しなのに絶対に近寄ろうとしません。しばらくそばに置いておけばなれるかと思ったけれど、もう食事もとらないくらいの(あの食いしん坊が!)レベルでした。

「まいったなぁ~。もっと気をつけてあげればよかった」と反省しつつ、大好きなトレーニングや食事の時間にあわせて、少しずつ距離を縮めました。おかげで一週間もすると腰は引けながらも、いろいろ動けるようになってきました。

すだれ
(かなり克服した後。得意な行動をスダレの上で行うことで、スダレへの苦手意識を減らすプロセス)

いったん克服してしまうと、もうまったく気にしなくなるばかりか「克服した!」という気持ちからなのか、かえって好きになってしまうケースが多いです。今回のスダレもすっかり自信満々でスダレを下に敷いて足場にしようが、壁材にしようが気にしなくなりました。

ビールセットで
(撮影に備え小物をいろいろあわせて普段どおりに振舞えるか確認!いい感じ)

もうひとつ心配していたのが「すし桶での水浴び」です。水浴びは完全にリラックスしたような状態でなければ通常しません。いくら以前会ったことがあるカメラマンさんやその他スタッフでも、撮影器材や複数の人間がいる中での水浴びは無理かと思っていました。

そんな懸念を事前に話すと、撮れない写真は無理して撮らなくも良いとのことだったので、私自身も構えることなくいられたのがよかったのかもしれません。体が濡れてしまうので、後のほうにまわしていたショットでしたが、背景準備と風呂桶の用意をするが早いか、入り込むが早いかのスピードで、即入水(笑)。

風呂
(びっくした、ばど美の大胆さ:笑)

雑誌に掲載されているばど美の姿で、当日の撮影現場がいかにリラックスしたものだったかがわかっていただけると思います!

D.I.N.G.O.で一貫してすすめてきたタレント犬トレーニングのノウハウは、そのまま鳥の撮影にも活かされました。

とかく「ミーハーまたは辛いきつい」と思われがちなタレント動物のトレーニング。

大先輩であるアン・ゴードン(D.I.N.G.O.のオープニングイベントでタレント犬トレーニング講師としてアメリカから招聘した二代目ベンジーのトレーナーでありエア・バディなど多くのハリウッド映画を手がけた人物)が強く語っていた事。

「動物撮影は決して動物に負担をしいるものであってはならない。動物も人も撮影を楽しめるように普段から科学的で人道的なトレーニングをしよう。そのために動物の事を知らない撮影スタッフがいるなら動物のニーズやその他必要な事を、その人たちに知らせるのは動物トレーナーであり、動物を守る立場であるあなたの責任である」

今でも大切に守っているつもりです。そんな気持ちを込めて、今回のばど美の作品(お仕事ぶり)を今も友人であるアンに届けるぞ。

可愛いらしい(たしかにかわいい。親ばかとしてはもう手放しで喜んでいる:笑)姿の背景に、そんな思いも詰まった作品です。タレント動物のトレーニングに興味のある方は特にそんな別の楽しみ方をしていただけたら嬉しいです!

まだ売ってると思うので、皆さん見てみてね~。
テキストもかなり笑えるよ!

  1. 2014/08/20(水) 16:48:22|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「個性」として考えてみる | ホーム | バード&スモールアニマルフェアでのデモ ~鳥達にとって楽しい経験にするための準備~>>

コメント

ビール飲んでほほ赤らめてー (はじめっから赤い?)いい仕事してますね!
  1. 2014/08/20(水) 18:32:08 |
  2. URL |
  3. ぐらまま #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eddiemon.blog32.fc2.com/tb.php/750-5d85e8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。