あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

余暇が文化をうむ!? 

最近イぼちゃがはまっている遊びがあります。
キャビネットのはじっこを滑り落ちないように歩くこと!

へり歩き1
(ここですよ)

最初気づいた時は偶然乗っちゃって滑り落ちたのかなと思ったのですが、その後も繰り返し戻っていくので「これは遊びだな・・」と。

へり歩き
(よいしょ、よいしょ)

奥と手前で高低差があります。
でもって床面はインコの足には滑りやすいようです。

その回によってルールのようなものが変わるようで、素早く駆け抜けてみたり、ゆっくり慎重に歩いたり・・・。時折滑り落ちて、というか足を滑らせ驚いたように飛んでいきます。

へり歩き2
(滑るなぁ~)

ヘリ歩き3
(おっとっと!)

この回はゆっくりキャビネットに対して立て目に横移動してました。
体の厚みで滑りやすくなり足元が安定しないのか、目が真剣です(笑)。
慎重にへり
(あぶないぞ・・)

「怖い」「ドキドキ」はスリルがあって克服すると楽しくなります。
イぼちゃも、それを楽しんでいるように見えます。

近年鳥は非常に知能の高い動物であるという事実を証明するような研究結果が次々と明らかになっています。そんなに賢い動物にとって、私達との生活は、食事を探す心配がない(定期的に十分支給されてますからね)、雨風や気候の変化などを心配しなくてよい(たいてい過ごしやすい条件の中で暮らしてます)、外敵から身を守る心配もない(安全な生活空間を提供してますからね)。

そんな毎日で、ともすれば「平和ボケ」に近い状態になってしまいます。
その高い知能を「遊び」の開発に使っていても不思議ではありません。

生活の安定は余暇をうみ、余暇は文化を育てるのでしょうね。

*******

イぼちゃは本当に楽しい鳥で、クリエイティブで感情豊かです。
昨夜、はしゃぎすぎて、えぢの写真たてを倒し驚いたのか、慌てて飛んで逃げました。。
叱ったわけではないのですが「あ~ぁ、えぢ君かわいそう。ごめんね、えぢ君」とえぢの写真に話しかけながらなおしていると、私の腕の中に入ってきてとまり、こんな顔をしていました。

写真たて倒す
擬人化してはいけませんが、なんとなく反省しているような、後悔しているような表情に見えませんか?

こんな表情を見ると、鳥の感情について、または他人や他の鳥や動物(鳥が認めているファミリーのような存在)の気持ちを感じとることができるのだろうなぁと妄想してしまいます。

楽しくて動物達から目が離せません!
スポンサーサイト
  1. 2014/07/06(日) 22:00:40|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。