FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イブと過ごした一ヶ月 

イブぼったんがやってきてから、ついに一ヶ月を越えました。
私、または私の周りを安心できるスペースにしたいという目的のために、毎日コミュニケーション(トレーニングと呼んでもいいですが)時間を作りました。
来た当初の人から離れたいという状態から、まだほぼ私だけかもしれませんが、そばにいるとケージ内の次に安全という状態になったようです。
前回のぶろぐ更新時から、イブとしてきた事の記録メモです。

10月17日(月)
いつもはソファに座った私の膝の上(しかも安心タオルを置いたところ)ですが、この日は新しい場所「机の上」にいる練習。ばど美やカインにはなんでもない事が、イブぼったんには一大事。
同じ部屋の中でも鳥の様子を見ているとあきらかに普段より緊張しています。

服をかむ
少しでも馴染みやすい環境から始めるために安心タオルを敷いています。
緊張してる時には私の衣類を噛みたがるようなのでそれもOKに。

自ら戻る
怖さからか、それまでいた私の膝上から飛んで、机の下に移動したイブぼったん。
机の下をテケテケ歩いて移動していました。

迎えに行こうかとも思ったのですが、「待ってれば迎えに来る」または「追いかけられる」などネガティブな学習をして欲しくなかったので、ひたすら自分から戻って来るのを待とうと決めました。

以下は5分後戻って来た時の様子。


躊躇したあげく、自分で決めて戻ってきました。
ちょっと泣けたよ。

10月18日(火)
落花生
初めての落花生!中身より殻の破壊にご執心。
ダイエット中のばど美が、近くで欲しそうに見ていたのが、ちょっと切なかった。

10月19日(水)

この日も人慣れ練習。
鳥の存在を意識してない方達のいる時にケージから出してみました。

安心タオルの上で、1人で遊べるかどうか、ご飯は食べられるかどうか。
あえて、ちょっとイブぼったんから離れる時間を作ってみました。
慌てて後を追ってきたので、手を差し出すと乗ってきました。
私の手がタオルに次ぐ安心スペースになってるみたい。

まだ他人がいると食べる事ができません。手の上に乗せると、小さく震えているのでカキカキやTタッチ。
少し落ち着いたところで、お気に入りの藁や木を出したら噛み噛みし始めました。
遊ぶという意味だけでなく、噛んでると落ち着くのでしょう。

三角目
ガブガブ

少し怖かったかもしれないけど、嫌な経験はなかったはず。
少しずつ、こういう経験を重ねる事で、人との関わりに自信をつけてほしいです。

10月20日(木)
ブランコに乗って楽しむようになりました。
ぶらんこ
ぶらーん

ケージの中に入る手にはトラウマ的に拒絶反応があるように思えます。
それまで冷静だったのに、ケージの中に手が入った途端に、夢中になってケージ奥に入り込もうとする。
なので、この日は、イブぼたんが手のひらに乗ったところでなんの動きもせず、ジッとしてました。
すると、しばらく考えた末、手の上で落ち着いたので、褒めてそのまま外に出した。
冷静になれば、逃げ回るのは無駄な労力。冷静に判断してほしい。
今日の様子から思うに、外に出る事が少しずつ楽しみになっているようです。

ケージ戻す時、ケージに近づくと飛びつき、まわりをつかみ歩きしながらうまく入れないでいたので、いつもの「ステップアップ」の声で目の前に手のひらを出すと逃げることなく少し考えた後、手のひらに乗りました。
で、そのままソッとケージに帰しました。

手のひら
(常に良い印象をつけてもらうように努力!)

とにかく「ステップアップ」したら良い事がおきる(ケージから出たい時には出られる、入りたい時には戻れる、不安な時には安心感が得られる、行きたいところがあれば行ける)を徹底してます。
少しずつ良い変化が見られるのが嬉しい。

10月25日(火)
そんなこんなで、とても良い感じに進んでいたところで、台湾出張がはいりました。
数日間のことですが、それがどんな影響があるのか、ちょっと不安を抱えての出発!
しかし戻ってすぐに会った様子から、むしろ良い方向に向かっているように感じました。

旅の前、もしくはそれ以上に、落ち着いた様子で手の上にいます。
離れても手を目指して戻ってきてくれます。「学習は休んでいる時に進む」と言いますが、今のところ良い記憶が刻まれていっているようです。

イブぼったんと私が物理的に離れていても、少しずつだけれど精神的なつながりが出来上がってきているのかもという安心感を少し感じられたのが、とても嬉しかった。

今日は噛んで良いモノといけないモノの区別&噛みの抑制の練習。手に持った木片の上にイブぼったん。
甘噛み以上で噛んだらあっ!と、木を齧っている時は優しく声かけ。
この日はあっ!という事は一回もありませんでした。よくできたね♪

噛んでよいもの
(口を使ったコミュニケーションのルール作り)

10月27日(木)
いろんな社会経験シリーズ。
すべてこの日にしたわけではないけれど、ご紹介。

犬を見る
遊んでる向こう側で、ルフトも遊ぶけど、直接の接触はなし。

撮影器材
撮影器材の中を歩いてみよう!

食育
食育?初のパンくずトライ!最初は躊躇してたけど、結構好きみたい。
量の加減は必要だけど、ご褒美の幅が増えるね。

新しい経験をしたり、頭を使った練習をすると疲れるのは早いです。
肩の上で寝る
髪の毛をチミチミしながらの居眠り

10月29日(土)
うちに来てから初めてだ!
ケージから出そうと天井の扉を開けて待っていたら、私の姿を見ながら、体を左右に揺らし、少し羽根を浮かせながら外に出たいアピールした。

10月30日(日)
この状態で、スっと手を出したら、本当に素直に乗ってきた。
急いで戻る
少し机の下をウロウロした後、私のほうへ走って戻ってきたところ。

イブぼったんが来て一ヶ月の節目。本当に嬉しくて感動した。嬉しいよ(T_T)。
これからは、他人とも同じように、そしてどこでも同じようにできるような、般化プログラムだね。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/30(日) 21:22:50|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イブの3週間目 ~人なれ場所なれ~

イブぼったんが来てから3週間経ちました。
早いなぁ・・・。Time is money、あ、違ったTime flies。

今週もいろいろありました。
毎日変化が多く、1週間まとめてのメモだと、やたら長くなってしまいますね。
ご興味のある方は、お付き合いください。
では、行動変化メモとどんな社会経験プログラム進行中かメモ、始めます。

10月10日(祝・月)
朝はバーズ動物病院から、先日受けた遺伝子検査(鳥の伝染病など)の結果を知らせてくれるための電話が。結果はすべてネガティブ(陰性)。これで一安心です!

夜はうちに来てから初めて兄弟(姉妹?)のみぞれに会いました。みぞれの入ったケージを見ても最初は気づかなかったようなのですが、ほどなくお互いに気づいたようで、チチチチッと鳴き始めました。それはそれは、傍から見ていても嬉しそうなのがはっきりとわかるほどです。一緒にケージいれると、すぐにこんな感じ。

仲良し
(ずぅ~っとこんな様子)

擬人化してしまうようですが、運命に引き離された兄弟が、それぞれ新しい環境で苦労をしつつ生活する中で、お互いの無事を確認しあいながら再会を喜んでいるようでした。ずっと一緒にさえずり、ずっとぴったり寄り添っていて、「本当に離れて暮らすのが幸せなのか」と悩んでしまいました。

ただ2羽は兄弟(姉妹?)。もし男女の組み合わせだとごく近い血縁にある2羽の繁殖となってしまうなどの心配もあります。もうそれぞれのおうちでの生活もあるし。罪悪感を感じ、別れ際悲しかったけれど、縁あってうちに来たイブぼったん。「カゴの鳥で一生を終わらせない。幸せな生活を提供できるように努力しよう」と決意を固くしました。

みぞれさんと別れた後の精神的落ち込みにどう対処しようと思って心を痛めていたら、そんな親心とは裏腹に、帰った途端に食事をモリモリ食べ始め、何事もなかったかのようにふるまってました。あれだけベタベタだったのに、後を引かないのがとっても不思議です。

10月11日(火)
この日は夕方から数人のお客様が。お客様は体験済みだけれど、この日は鳥関係のお友達だったこともあり、イブぼったんもテーブルで同席。止まり木スタンドや木の素材でできたティシュケースの上にいられました。緊張気味だったけど、良い社会経験ができました。オフィスには来客も多いので、こんな経験をよい形で積み重ねていきたいです。

来客1
(こうしてあらためて見ると緊張してますね:苦笑)

10月12日(水)
この日も鳥友達が来社。しかも大きな鳥さんと一緒です。モモイロインコのももちゃん。かわいいです。うしろに見えるのがイブぼったん。直接の接触はしませんでしたが、さすがにたくさん鳥がいるところからきたせいか、大きさに怖がることもなく、淡々としてました。

ももちゃんきた
(ももちゃん、さすがに大きいぞ!握手が得意です)

ちなみにばど美とカインも、直接接触はせずケージの中から。最初だけ「何これ!?」的に見てましたが、その後はあまり関心があるわけでもなく・・・でした(笑)。少々の事に動じないのは、小さい頃からの社会勉強の賜物かもしれません。カインもペットショップ生活が長いから、すぐに受け入れられるんでしょう。

新しい生活にもだいぶなれてきたようです。そろそろ嫌なことは嫌という意思表示をするようになってきました。この日初めてうっすら血がにじむくらい親指の爪の付け根あたりを噛まれました。ボタンインコを迎えてすぐに多くの方から「噛みが強いから服や皮膚に穴が空く」といわれました。穴があくほどではないけど、嫌なことを表すために口を使うことが多いし、かつ力が強いようです。考えようによっては、緊張して固まっているより、自分の気持ちを表してくれたほうが嬉しいです。

とにかく手で何かすることが多いので、鳥にとっては「噛みたくなる」ことが多いでしょう。なので、少しでも「好き」とか「脅威でない」と理解してもらうために、この日からハンドフィーディングを始めました。本当はもっと早くから始めたかったんだけど、手を警戒してなかなか食べなかったのです。

ハンドフィーディング配達
(まずは配達:口元までもって行きます)

来てからボチボチと進めているクリッカートレーニングのチャージングも、手=美味しいものを運んでくる(結果:好きでいてくれる)を望んで、ハンドフィーディングにしました。

「噛み」への対処も悪化する前に真剣に考えたいところです。いろいろ順調に進んでいると思っていただけに、たった一度ですが、それまでにない強い噛みをされたことで落ち込んだ日でした。「ずっと嫌な気持ちを溜め込んできたんだな。追い詰めてしまった」と深く反省です。

10月13日(木)
おもちゃの入れ替えをしました。イブぼったんの部屋にはこれ。ブランコ。
きっと気に入ってくれると予想していれたのですが、見事的中!
ブルンブルン振り回して遊んでました。

お気に入りのおもちゃ
(写真を撮ったら、ちょっと警戒して遊ぶのを中断。ごめんよ)

前日から始めたハンドフィーディング。着実に進歩。最初はシードを挟んだ指を口元に持っていきましたが、この日は自分から近寄ってきて食べてくれました。同じ「食べる」ですが、心理的には大きな違いがあります。嬉しかった。そして食べる時の口の使い方もソフトになってきました。緊張が少なくなったのかもしれません。

ハンドフィーディング取りに来る
(取りに来るのは意味が大きいぞ!)

今日はひとつテストをしてみました。藁での引っ張りっこが、いまのところお気に入りの遊びです。ならば、その藁を持って手の平を広げたままにしておいたら、自分から乗ってくるのか・・・。久しく(たぶん1分くらい)待ちました。イブぼったんも、藁と手の平を交互に見つめ考えいる様子です。そしてついに乗ってくれました。これも嬉しかった。手に自分から乗る「ステップアップ」は、こうしてさまざまな機会を通して継続練習中です。

ひっぱりっこ
(左足で藁をギュッと握っているのが、かわいい~)

10月14日(金)
この日は、いつもの通りの練習を淡々と続けました。

10月15日(土)
ケージから外に出す時に、中のイブぼったんを追い掛け回さないで(手乗りでないので、自分からは乗ってこない。扉を開けておいても出てこようとはしない)すむような方法を真剣に考えました。外で遊んでいる時は「ステップアップ」と言って、手を胸のあたりに出すと自ら足をかけてくれるようになってきたので、なんとかそれをケージの中でもできるようにしたいです。

で、考えたのが、「下にいると上に行きたくなる」という特徴。
そっかケージを下におけばいいんだ!!です。
早速ケージを床に置き、上が開くケージなので、そこから手を入れて「ステップアップ」と声をかけながら、手の平を差し出してみました。大成功!もしかしたら、うっかりかもしれないけど、自ら手の上に乗ってきました。

もうひとつ。
膝の上で遊んでいたイブぼったん。何かの音に驚いたようで咄嗟に飛び上がり、私の腰かけているソファの脇に着地。これまでなら、さらに遠くへ走って逃げたのですが、しばらく着地した位置で考えたような表情をし、私の膝の上に戻ってきてくれた。これも大きな進歩。今のところ、安心できる場所として選ばれたのが、私の膝の上だったのです。

クリッカートレーニングも進歩しています。引き続きハンドフィーディングですが、チャージングをだいぶ理解してきているようで、クリックすると、指先を探すような様子が見られます。

チャージング

動画だす。


そんなこんな状態なので、初めてのシェイピングにも挑戦してみました。質は悪いけど(いつもの通り私1人、片手にカメラ持っての撮影なので)You Tubeにアップ。こちらです。してほしいのは、おもちゃの緑色の草部分に足を乗せる。これだけじゃわかりにくいね。でも3回成功しました。長時間は続けず休憩。寝ている間の学習に期待。

シェイピング足乗せ
(足、乗せてる。わかりにくいけどね)

そしてやはりクリッカーをすると疲れるようで、すぐ寝ます。
その様子はかわいいですよ。

お勉強疲れ
(お勉強疲れ)

10月16日(日)
あちらへ行きたいという小さな羽と体の伸びのサイン。目の前に手を出すとサッと乗ってきました。そのまま行きたいという方向に手に乗せたまま歩いていくと、途中でこわくなったらしく、飛び立ってソファの上に。

迎えにいくことはあえてせず、いつもの位置に安心条件付けに頑張ったタオルを膝に乗せ、てのひらを開いた状態で動かさず待ってみました。ほどなく、慌てた様子で走って来たのは私の手の上。少なくとも現時点で、ケージから出た時の一番安心できる場所は、タオルに広げたわたしの手のひらの上のようです。

寝た

どういう鳥が「手乗り」の正しい定義なのかもわかりません。
また、今後どんな変化があるのかもわかりません。

でも確実に今週は私達(私とイブぼったん)の関係に大きな変化(進歩)があったような気がします。
鳥との暮らしから一変、人と暮らすことになったイブぼったんの人を含めた「怖い」ものを減らしてあげたい。
今はその気持ちでいっぱいです。

  1. 2011/10/19(水) 17:58:30|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

13回目の誕生日

10月10日体育のはえぢの誕生日。
今年も狂いなく10月10日はやってきて、えぢは13歳になった。

おめでとう、えぢ!!!
この日を一緒に迎えられて本当に嬉しいよ。

えぢが喜ぶ事間違いない食べるものを用意させていただいた。じゃーん。
ケーキ

ケーキと一緒に記念撮影もしてみた。
えぢとケーキ
(きっと「早く食わせろ」と思ってる・・)

そして、これは誕生日プレゼントのカラー。
カラー
(これはえぢが喜ぶわけじゃないだろうから、私の自己満足だね:笑。写真もどことなくつまらなそうだよ)

当日はえぢのお友達(いや、正確には私の友人だが)もお祝いに来てくれた。
お友達の1人は前日がバースデーだったので、合同お誕生日会になった。

えぢが独り占めするには大きなケーキなので、いつもの3頭でわけたよ。
写真を撮り終えて、OKという声をとともアッというまに皿は空(笑)。
みんな、元気でよろしい。

みんなで
(他にもたくさん写真を撮ったけど、えぢの舌がベーッと出てるのが可愛くてこれを選びました)

えぢ、えぢ、えぢ。
思い返せば13年間、一日たりともえぢの事を考えなかった日はないし、「えぢ、かわいいね」といわなかった日もないと思う。旅先でも電話をかけてえぢに話しかけたり、あえなくても心の中でえぢに向かって話しかけている。

私と

そばにいてくれるだけでいい。
えぢとずっと一緒にいたい。
  1. 2011/10/14(金) 00:44:25|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イブの2週間目! ~人なれ場所なれ~

うちに来て2週間になるイブぼったん。

前回書いた通り、手乗りになるように育てられた子ではないので、人を好きにならないまでも、人といることがストレスにならない、もしくは病気などをした時の人の手による治療や処置に必要以上にストレスを感じないですむようになってほしいというのが、手や人に慣らしたい一番の目的です。

鳥のことですが、怖がりの犬などをあらたに迎え入れた(また迎える予定の)方などにも役立つ部分があるので、ご参考になればと思います。

毎日の事なので何をしたのか、どういう変化があったのかなど、時間が経つとすぐ忘れてしまいそうなので、前回同様、このぶろぐにメモ代わりに残しておこうと思います。

10月3日(月)
1週間たったので再び病院で検診。問題なし。
遺伝子検査の結果には、あと1週間必要なので、オカメーズとの直接対面までは、もう少し必要だね。

えぢと
徐々に犬達が同じ空間にいる時間も作る。
いまや、えぢもね共に鳥には反応しないので、イブがケージから出て遊んでいる時間に、えぢを同じ部屋に。
お互いに、特に大きな反応も見せず。

「何もしない。反応しない」が一番の成功だと思う。
「ほら、かわいいねぇ」とか「お友達」とか、動物達の意思を考えず近づける方法は感心できません。
その時は大丈夫そうに見えていても、自分の意思ではないために、怖いけど我慢していたなどということも、よくあることで、後から攻撃性などを引き出すきっかけになってしまいます。

10月4日(火)
他人
引き続きの他人とも遊ぶ&さわってもらう練習。男性(るふとのと~ちゃん)

下に敷いているタオルは、よい環境のための条件付けを期待して。
「このタオルを敷いている時に悪い事は起きない」
まず、これがあれば、誰のところでもいけるようにしたい。
タオルをなくす過程は、また別途。

PG1
遊び道具を広げてみる。
好奇心は大歓迎。

寝た
遊んでるうちに寝た。
私の手のひらだと(この状況下でなら)、だいぶ落ち着ける時間が長くなってきた。

10月5日(水)
成田に行く用事があったので、通常通勤バードではないイブは、ふだん車に乗る事がない。
「一緒に連れて行こう!」のるふとのと~ちゃんのアイデアで、同行。

ドライブ
移動用ケージには入れてたけど、見ていられる時には、膝の上で。
こんな時にも「安心」条件づけしてるタオルは持参。

帰宅してからは、これから徐々にクリッカーを使っていきたいので、チャージング(古典的条件付け)練習も。
クリッカー準備
フードケースからフードを拾って食べられるようになった。

10月6日(木)
お客さんとのミーティング中にも、なにげに同席(笑)。
お客さんのいるところ

タオルで体をくるんでみる。
体をくるむ

毎日違う素材で用意したいプレイグラウンド。
環境エンリッチメントや好きなもの苦手なもの探しにも役立つ。
PG2
この様子からすると、イブぼったんのお好みは、木片ガジガジかな(苦笑)。
得意そうな顔がかわいいね。

10月7日(金)
毎日なんらかの形でケージから出て、かかわる時間を作ってる。
この日は、これまでで一番長く指に止まっていられた。

手に乗る
安心しているようには見えないけど、1秒ずつでも、こういう時間を延ばしていって「いやな事がなかった」経験を重ねることで、指に止まるのは怖くないと理解してもらうのが遠いようでも近道かも。

10月8日(土)
ここがお気に入りにみたい。

胸元
胸元。首の下。髪の毛の中。
でも、このあたりは隠れ場として使っているようなので、気持ちがいっぱいいっぱいになったら、入り込める「ごほうび」的場所になるね。
変なほうに行くと、場所を守るようにもなりそうだ(笑)。

10月9日(日)
この日も他人に慣れる練習。
友人でHさんにご協力いただいて、いつもの手順で。

他人の手の中
ほどなく寝た(笑)。
しかもぐっすり。15分くらいこのままだった。

私とは、よくしているTタッチも他人とは初めて。
1人の人になつきがちなのがラブバードの特徴であれば、あえて1人にベッタリにならないよう、いろいろな人と関われるようにしておきたい。



とてもリラックスして見えるかもしれないけど、まだしばらくの間は、こうした練習を続けなければ、すぐに「人なんか嫌い!」になりそうです。これからも地道にゆったり続けていきます。

「ローマは一日にしてならず」
のんびり時間をかけて楽しむよ。

  1. 2011/10/09(日) 20:32:10|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誕生日の出来事

こんな私にも誕生日がある。
きっと生まれた日には両親共に喜んでくれたに違いない。たぶんだけどさ。

そして、先日10月4日、私は40数回目の誕生日を迎えた。
こんな年になると、たいしてめでたくないし、誰が祝ってくれるでもないし、などと、ほぼ忘れかけていたら、素敵なサプライズがあった。ツイッターを通じて知り合った仲間がサプライズパーリーを企画してくれてたのだ。

とっても嬉しかった!
ずっと「友達なんていないし」とか「友達なんていらないし」とか、拗ねたことを言って生きてきたけど、自分を思ってくれる誰かがいてくれるのは嬉しいことだ。「持つべきものは友だ」なんて、いつもの私らしくない事を思ったりしてしまう。

誕生日1
身近な人からいただいたプレゼント。
本来シールをコツコツ貯めてもらうキイロイトリスープマグを、大人の力技で大量ゲット。これで一緒にスープを飲もう。
(注:写真の中に生のキイロイトリがひとつまぎれてますが、それはスープマグではありません)

誕生日3
サプライズを企画してくれた友人達が作ってくれた夕食メニュー。
きのこのスープパスタ、チリービーンズ、煮たまごなど。みんな美味しかったよ!

誕生日5
名前入り誕生日ケーキだよ。
ひゃほ~。これもまたおいしかった!

誕生日2
そして、なんと友人母からの驚きのプレゼント。
えぢもねだ!!!

羊毛フェルトの達人であるお母様が数ヶ月かかって作ってくださった感動の作品。
これが似てるのなんのってもう、神業よ。
えぢの魅力である白目の見え具合とかも最高です。
小さな特徴までよくとらえていて、作品だけ写真をとったらホンモノと間違えると思う。
えぢもねの居どころ横浜にいらっしゃる機会のある方は、ぜひご覧になってください。

誕生日4
記念撮影。ばど美はフェルトではありません。ホンモノです(笑)。
写真撮ろうと思ったら、頼んでないのに「ばいば~い」の一瞬芸を見せてくれた。
(誕生日のことだから好きな解釈をさせてもらうよ)きっと、ばど美なりの私への誕生日プレゼントだ。

みんなのおかげでとっても素敵な誕生日になったよ。
ありがとう、ありがとう、ありがとう

  1. 2011/10/08(土) 02:16:27|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。