FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誘われて~

私の夕飯時には、足元で上から何か降ってくることを念じ続けるえぢ。

昨夜は、私の夕飯もえぢ自身の夕飯も済んだ後、こんな風にカフェとオフィスの境界線で。
境界線

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、おうちルールで、犬達はこの境界線を、扉が開いていても、勝手に越えてはいけないことになっています(お互いの安全管理のため)。カフェに来たい場合には、この境界線を越えないでいると、「OK」と声がかかりカフェに入れるので、犬達は、この境界線ルールを守ろうとしてくれます。

このルールを聞くと、「あ、えぢ偉い。こっちに来たいからルール守ってるんだね」と思われるでしょう。写真にキャプションをつけて、しつけ方教室のパンフレットなどに使えそうです。

しかし、えぢはそんな直球ではありません!

最初にお話したような状況下で、「OK」と言っても動きません。「OK」は「好きなことをしていいよ」という意味で使っているので、入りたければ入ってきますが、そこにいたければそこにいたままになります。つまり、あの場所にいることに意味があるわけです。

企みがあることを承知で、そばに行ってみると、サッとすばやく立ち上がり、オフィスの内部に移動します。私が付いてきているかチラチラ後ろを確認しながら。で、次の立ち止まり位置は、このへん。
誘導えぢ

この位置が読みどころです。
もう少し手前なら「食べ物」狙いです。左手にフードボックスや右手にはおやつ保管場所があります。
しかし、この位置となると「遊び」狙いとなります。で、本日は遊び。

この位置にいるえぢに「OK」と声をかけると、プレイジム(別名トレーニングジム)に元気よく出て行きます。
この日も案の定。しかし、付いていかずに様子を見てみるとこんな風になってました。

えぢ待つ

出てくるかな・・・という表情が、かわいい・・と少し楽しんでから、ご希望のプレイジム(別名トレーニングジム)に出てみると、もうどこに行きたいような表情も動きもしません。むしろ「誘導がうまくいった!」という満足気な顔。「じゃあ、遊ぶ?」などと、私が声をかけようものなら小躍り状態です。

クリッカー遊びにしました。もうトリックもしつくした感があるので、何をしようか考えるのも難しいのですが、今日はテーマはこんなのに決めました!

「チビチビ三角コーンに鼻先をそっとつけたままでいる」

えぢとコーン
(コーンを持ち出した途端、鼻の穴が大きくふくらみ、何かしたくてたまらないえぢ)

このコーンを使ってたくさんのことができます。鼻先で押して倒したり、コーンを歩いて回り込んだり、前足をかけたり、逆に置いたコーンに顔を入れてみたり、くわえて持ってきたり・・・。いろんな可能性から、クリッカーの音で今日の正解を探しだす形になります。

今日は、まずコーンの先端に鼻先をつけるという正解にたどりつく。その後のポイントが力の加減です。強すぎれば倒れてしまう。軽すぎればくっつかない。で、姿勢の維持(時間の延長)。

使いつくしたコーンでも、犬達には毎回違う正解を探し出す楽しさを、そして人間はクリッカーのタイミングのスキルをアップする良い練習時間になります。

えぢとコーン1
うまいタイミングで写真が撮れませんでしたが、20分ほど遊んで、正解に到達!

一人待つえぢ
遊び好きえぢは、いつもの通り「終わり」にしても、なかなかその場を離れません。
私が立ち去っても、名残惜しそうに、そしてまた私が出てくればいいのになぁ・・・的に、しばらくこの位置で待ってましたとさ。

自己主張の強い犬達(動物達)と接するのは楽しいです。
先日、「動物M!」との評価を受けました(笑)。結構正しいかも。

こんなコミュニケーションが楽しみたくて勉強してるんだよ。

スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 10:51:55|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小鳥とサミット」参加!

先日、小鳥と一緒に行ける「小鳥とサミット」というイベントに参加!

るふとのと~ちゃんを引きずり込み、ばど美連れでお出かけ。ふと気づくと、ばど美は、うちにきてから他の鳥に会うのは、その日が初めて。どうなることやらと思いましたが、ばど美ってば意外に冷静。とくに愛想をふりまくでもなく・・の超マイペース。

では、いつものように紙芝居で。

参加おかめ
フリーの時間前。他の参加オカメさん達と。
むかって一番左端にいるのがばど美。(photo by @yagiko_)

会場
ここが地下の放鳥スペースになったところです。ゴージャスならせん階段!

らぶば
さっそく私のところへ遊びに来てくれた他の小鳥さん達と接近中。

止まり木
用意されていたステキなバードベッドには入らず、止まり木風にして、周囲をみまわしたり・・・。

羽繕い
で、まったくマイペースな羽繕いなど(ブレブレ写真だなぁ)。

半ねむ
ちょっと遊んだら疲れちゃった。で、居眠りか。

ばど美とおかめ友
そうこうするうちに他の参加オカメさんと接近遭遇!(photo by @yagiko_)

食べる
その後、用意されていた小鳥さんたちのお食事コーナーへ立ち寄り遅めのランチ。

ひまわり
慎重にヒマワリの種を選ぶ・・・。ヒマワリ好き。

侵入者
あ、ばど美が食べるものに夢中になっていると、ばど美ハウスにお客さんが。かわゆす。

居眠り
しかし、ばど美、ついに本気寝。ZZZ。

帰宅
楽しかった1日も終り、帰宅準備。
チラッと見える黄色い物体(!)がばど美。

おみやげ
こんなステキなポストカードをおみやげにいただきました。

いや~オフ会なんて何年ぶりの体験!
お仕事がら、イベントは主催側に回ることが多かったので、すごく楽しかったです。

オフ会ばど美
参加したばど美の写真を、こんなにかわいく撮ってくださった、ツイッター名 @yagiko_ さんに大感謝です。
(オヤの欲目というやつかもしれませんが、ぼど美ちゃん、かわいいぞ)

犬好きでこのブログを読んでくださっていて小鳥さんとも暮らしていらっしゃる方、小鳥さんとこんな風に楽しく遊べる機会があります。今度はぜひ一緒に参加してみませんか?
  1. 2010/10/28(木) 23:21:18|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

♪ TOKYO BUDMY LAND ♪ 東京ばど美ーランド

環境エンリッチメント・・・とかいう書き出しはかっこいいな。

そんな考えのもと、常々「ほっしいなぁ・・・」と願っていたら手に入った。
ばど美のためのプレイグラウンド。じゃ~ん。

ばど美PG5

これ、日本でもポツポツ買えるようだけれど、海外の小鳥用品WEBショップに探しにいくと、実にいろんな種類のものがある。でもって究極は大枠のみで、あとは自分で自由なデザインができるように、パーツもばら売りしてたりして。

WEBを見ながらため息などをついていると、それに気づいた(周りに聞こえやすいようなため息をついてみたせいかもしれない)るふとのと~ちゃんが、「どれ、どれどんなやつなんだ」と言ってくれた。たいてい、これは願いが叶う時の第1歩となる。

その後、私はかなりの熱弁をふるい、こういったプレイグラウンドが、どんなに鳥の人生を豊かなものにするかを語った気がする。

で、翌日には、こんな大枠が・・・。
ばど美PG1

やった~。で、具体的な小物の検討に入った。
すべて取り外しがきいて、日替わりメニューのようにできるということと、別途購入したおもちゃ類なども随時取り付けやすいようなものにしてほしいと、再びそのさまざまな利点とともに、熱く語ってみた。

で、さらに一日。
ばど美PG2

随所に穴が開いている点にご注目。
アンド写真では見にくいかもしれないが、ところどころにヒートン(カギフック)がついている。
これはブランコやカラフルなおもちゃを吊り下げるためのもの。

この写真では取り外してあるが、1つ前の写真にある、シルバートレーにもご注目。
ここは、スライド式になっていて、紙を敷いても敷かなくてもよいが、ばど美が遊んでいて下に落ちたものが、簡単に掃除できるようになっている。

さらに、丁寧な角とり仕上げ(鳥は喉や足にとげが刺さらないのか・・と心配した結果の暖かな配慮)。
ばど美PG3

階段やフードステーションや追加止まり木などの小物を作る段階で、ばど美登場!

ばど美PG7
まず、新しいこの建造物を気に入っていただかないといけないので、トップフロアにあるレストラン街でディナーを食べていただいた。ご満悦の様子。背後に見えるノコギリなどは眼中にないようだ。

その後、下におりたりもしてた。

ばど美PG4
とげが刺さってはいけない・・と配慮し角を落とす作業が施された事など知る由もないばど美。
カジカジしながら、ササクレだたせていた・・・。製作者の神経がササクレ立たないことを、密かに願う私。

ばど美PG6
小物類フル装備にした状態の記念写真。

このプレイグラウンドの製作過程をUSTREAM配信していたところ(その日の配信をご覧になりたい方はここ)、ツイッターを通じてお友達になった方が、このプレイグラウンドにステキな名前をつけてくれた。今回のぶろぐのタイトルでもあるTOKYO BUDMY LAND(東京ばど美ーランド)。ナイスネーミング。

日々、このばど美ーランドのデザインを考える楽しみもできた。
ばど美は、ここで遊ぶ楽しみができただろう。

ありがとう、るふとのと~ちゃん by ばど美&えぢまま。


  1. 2010/10/22(金) 02:02:59|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年代モノ

裁縫が得意だったことは一度もなくってね。
おそらく、裁縫にかかわる、すべての経験が失敗という苦い記憶しかない人生。

子供時代は父親が、裁縫得意だったので、すべて任せることで事なきを得てきた。
家庭科の宿題も代わりにやってもらい、何か優秀賞的なものをもらったこともあったなぁ(ヨイコは真似してはいけません)。

そして現在だけど、オフィスではるふとのと~ちゃんが得意だ。助かった・・・。
そんな彼が使うミシンはお母様が使っていたという年代モノ。それが先日ついに壊れた。
相当古いので修理代を払うより、新品を買ったほうが安くつくかもと思いつつ、どんなミシンも修理承りますというミシン店を厚木に見つけたので、不具合を抱えたミシンを連れて出かけてみました。

みしん
この子。取扱説明書の裏書を読むと昭和38年と書いてあったよ。私より年上だ。
ところが、まわりに並ぶ新品ミシンの誰よりもカッコイイんだなぁ・・・。
気のせいかもしれないが(ぜったい気のせい)、周りのミシンがみんな敬意を払っているように見えた。

修理代を聞くと大した金額ではないし、昔のものは丈夫にできているそうで、ミシンやさんも修理を勧めてくれた。良心的。

モーターの交換と中身をばらしての大掃除。モーター交換の際、部品がもうないので、修理のために形が少し変わってしまうらしい。さみしく思い、そのままの姿を写真に収めました。

さて、オフィスに戻ると、うちの年代モノえぢもねが出迎えてくれました(背後にはるふと)!
ただいま

お出かけから戻って嬉しがってる・・と単純に喜んでいると、もっと魂胆があったりするから楽しい。
無邪気な表情のもにへとるふとに比べ、尻尾は振っているものの(おしりのほうに目線を移してみて。ブレブレになっているでしょ)えぢの真剣な目は、もう食事の時間だから「早く食事の支度をしなさい」と訴えかけています。

時間がかかると噂で聞いていたので、ながらく実行を怠っていたあいぽん4のアップデート。覚悟を決めて作業を始めました。えぢもねは、足元のベッドでお休み。

あいぽん
こんな時間は、食べるものの期待よりも、声かけや話しかけ(理屈っぽいと一部で評判の)、私が作詞作曲をした歌を歌う(これは犬より周りの人間が迷惑かも)、または撫で撫でなどを楽しんでくれるようです。

年代モノには年代モノの味わいがあるね。
  1. 2010/10/20(水) 02:46:48|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

えぢもねの笑顔が教えてくれること

えぢもねが心待ちにしている日が、1週間のうちだいたい2日ほどある。

えぢもねの居所横浜にお仕事に来てくれるWさんのいる日。
時間があくとえぢもねを外にお散歩に連れて行ってくれたり、一緒に遊んでくれたり、おいしいおやつをくれたりするので、Wさんのいる日はテンションも高く、キラキラ(むしろギラギラ)した目でWさんの行く先を常に追っている。私なんて、そっちのけ風(笑)。

今日のえぢの笑顔!
Wさんと遊ぶえぢ
こんな顔を見せにWさんとの遊びの間に、私のもとに戻ってきてくれた。「よかったね、えぢ」

そしてもうひとつもにへの笑顔!
Wさんと遊ぶもね
ひとしきり遊んでもらうと、戻ってきてソファで仕事をしている私の脇に座った。

どちらも満足そうな顔。
言葉を話せるのなら、きっとどんなに遊びが楽しかったかを話してくれるんだろうな。

こんな犬達を見ると保護者としてさみしくないのかという人や、他人と接することでせっかく自分との間で作ったルールが壊れてしまうのではないかと心配をする人もいるかもしれないが、私はまったく気にしない。むしろ、楽しそうにしているえぢもねの姿を見るのは嬉しい。我が家の「いつでも、どこでも、だれとでも」ポリシーにもあっている。

犬が(もっと広くいえば、ヒトも含めた動物達が)その状況で一番自分に必要なものを与えてくれる相手のところに(または環境に)いくのは、とても自然なルール。状況判断に優れた犬達は、相手や環境が変われば、アッというまにルール変更できる器用さをきちんと持っている。

家族の中でルール統一が難しいと悩むお宅があるけれど、無理なら無理でも構わないと思う。もちろん、全員で統一できれば、犬にもわかりやすいし理想的ではあるけれど、それが原因でもめてしまうくらいなら、家族内のルール統一なんか後回しで大丈夫。そして家族内のルール統一ができていないから・・を、犬が「できない」「やらない」の理由にはしないでほしい。

まずはしっかりと犬のことをより深く理解したいと熱心に思う1人がいれば、そこから始めれば十分だと思う。自然に犬にわかりやすい形でのコミュニケーションをとっていれば、犬は、自然にフェアな理解者のところにいくようになるし、その人のいうことには耳をかしてくれるようになるはず。それを見ている家族のメンバーが、自分もそうなりたいと思ってくれたらしめたもの。押し付けられれば抵抗を感じるけど、「やってみたい」は変化の大きな動機になる。

相手を「変えよう」などとは思わずに、相手が「変わりたい」と思うような環境を作りましょう。

  1. 2010/10/17(日) 02:02:07|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。