あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「わけあう」ことへの価値づけ

ばど美は、もともとの性質だったのか、育て方だったのか、結構大胆で自己主張が強いです。

ばど美が好きなもの(大切と思うもの、資源と思うものなど言い方いろいろ・・)に、私が手を伸ばすと、すかさず声こそ出さないけれど「ギギッ」という勢いで、そのかわいらしいクチバシで、私の手をつついてくる。

最初にそんな事を感じたのは、ばど美が超上機嫌で遊んでいたヨウジに手を伸ばした時。ギギッ!と手先をつついてきた。次に遭遇したのは、ご飯を食べている時の、いわゆるフードボールに手を伸ばした時。再びギギッ!

ひとりじめ
「あげないよ~だ」

「何これ~!」犬ならスナップか・・・。
これは放置しておくと、犬の行動カウンセリングをお仕事とする私の愛鳥はスナップ鳥・・という残念な事になりかねない。

すべての動物は一緒。大事と思うものを守らなければならないのだから、「わけあう」事は悪くないと、ばど美に理解してもらわねば。

で、始めたのが「私の手の接近」は「より楽しい事」や「もっとフードが増える」ということを理解してもらうプログラム。

ひっぱりっこ
「一緒に遊ぼうぜ!」

ヨウジの場合
(1)ばど美にヨウジを完全に渡してしまうのではなく、ひっぱりっこを基本として一緒に遊ぶことの楽しさを知ってもらう!
(2)ひっぱりっこは、ばど美が勝つことも私が勝つこともあり。
(3)合間に「モッテキテ」のレトリーブゲームをまぜる。
など、独り占めしてるよりも、一緒に何かをするほうが楽しいという結果を起こすことへの努力。

フードの場合
(1)食べているフードの周りにフードをばらまく。
(2)食べているフードボールの中に、サラサラとフードを補充する。
(3)食べているフードボールを触りながら、さらなるフード補充。
など、私の手がそばにあるほうが良い事があることを体験してもらう努力。

ヨウジはね、こんな事しましたよ。
あまり質はよくないけどもiPhoneで録画したものをYou Tubeにアップしたので、お時間のある方はどうぞ。



この動画には「ギギッ!」部分は入っていません。
「ギギッ!」時に、急にきつくなる目線が実は結構かわいいのですが、将来の困った行動定着になってはいけませんから(笑)、それ以降繰り返す必要のない環境設定をするという対処をしました。動画の中では、途中クリッカーも使ってます。

今のところ、いろんなおもちゃを他人とシェアするやボールに手が近づくことにギギッは消えてます。

日々、発見。楽しいっす!
スポンサーサイト
  1. 2010/08/29(日) 00:05:12|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もにへとお出かけ

名古屋でお仕事。
犬連れ可能だったんで、えぢもねを連れて行こうかどうしようか
出発1時間前まですんごく迷いました。

で、結果はえぢ留守番。もにへ同行。

留守番のふたり
留守番決定直後の”おふたり”様。

えぢは、最近健康状態も安定しているし、一緒に行けば、
えぢも楽しめそうな環境なので「久しぶりに一緒に行きたいし、
そういう場所に連れて行ってあげたい」という気持ちがありました。

ただ、やはり後からの事を心配してしまったんですね。
暑い中の4・5時間になるドライブ。
行けば本人が楽しめるのはわかっているけど体力は消耗するだろうな・・と。
やはり少し無理をすると、後から胃腸を壊したり、足腰に問題が出たりすることが
あるので控えてしまいます。

留守番確認えぢ
「留守番」を私に確認中のえぢ

どこでもお仕事のパートナーとして一緒に出かけていたえぢ。
こんな顔を見ると、いろいろな想いがよぎり、切なくなります。

満足もにへ
一方のもにへは上機嫌。
お宿でくつろぎちう。

SAもね
サービスエリアで一緒に食事。

私も、もにへとの密な時間を過ごせて幸せです。

明日は横浜に戻ります。

  1. 2010/08/26(木) 23:26:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ニール・アームストロングな日

私の中のニール・アームストロング的瞬間。

もにへとばど美
ソファに座ってPCを使う私の脇でまったりと休むもにへの体の上を歩くばど美です。

ばど美が来てから1ヶ月と18日。
ファミリーの中で心の葛藤のようなものもありましたが、今日ついにこんな瞬間がありました。
まだまだ、私の目の届かないところで、こんな時間を作れるとは思いませんが、大きな一歩です。

社会勉強の一環として、ばど美を犬に慣らすことは最初から心がけていたので、ばど美は犬に対してまったくと言っていいほど警戒心を表しません。で、これもおそらく幼少期の経験からだと思いますが、小動物の受け入れには抵抗がないえぢ。それらに対して小さなものや動きの速いものには反射的に反応してしまう事の多いもにへ。それゆえ、お互いのために管理と制限ハイレベルから、時間をかけて徐々に慣らしていく方法を取ってきました。

ばど美がいる時に「落ち着いている」もにへにいい事があるように、いい事があるように・・・を心がけて、少しずつ管理と制限のレベルを落としていきました。遠くから見るだけに始まり、リードつきまたはスライディングドアをはさんでの対面や空間の共有。強要(もにへとばど美が近づくような状況を意図的に作る)的な事はしていません。

自然に反した形(自発的でない、やらされているような形)をとっていれば、いずれどこかに歪みが出てくると思ったからです。「選択肢を与えられれば、自分に得になるほうを選ぶ」を何度も思い返しながらの毎日です。とにかくもにへとばど美の様子を見ていて、ファミリー全体に好ましい状況になったら、すかさずもにへを褒める、トリーツを出す、管理レベルを落とすなどを継続的に続けています。動物とのコミュニケーションには不可欠の「待つ」のみです。

ばど美を迎えてから、かなり疲れてます(苦笑)。要求の多い&シニアライフを楽しく過ごさせたいえぢのQOLも落としたくありません。もにへの揺れる心の揺れを少なくしてあげたいし、もちろんですが、もにへの生活の質も落としたくありません。で、ばど美の人(鳥?)生のスタートである一度しかないこの時期に少しでも豊かな環境で過ごさせたい。私自身は、自分の中の大きなテーマである「異種間コミュニケーション」を究めたい。

覚悟は当然してましたが疲れてます~。でもそれを上回る楽しみや喜びや新発見の毎日は新鮮でエキサイティングです。そして結果として、それぞれのファミリーメンバーへの愛情と意識して費やす時間が、ばど美が来る前よりもどうやら増えているようです。

なんだか、嬉しかったので堅苦しく読むのがメンドクサイ文章になってますが、自分の中の記念日記だからよしとしよう。
  1. 2010/08/23(月) 03:33:59|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばど美社会勉強(車通勤編)&アジリティ器材完成!

毎日ぶろぐを更新する私。
きっと多くの人に「こいつ、よっぽどすることないんだなぁ・・・」と思われているに違いない。
そんな懸念を抱きつつも今日も午前3時台の更新。

今夜はばど美の社会勉強について再び。
6月5日生まれのばど美は、私の苦手な計算だけれど、あっていれば生後10週くらい(不安、間違ってたら誰か教えて)。うちに来てからは約6週間になります。

犬とは脳の成長スピードが違うと思うので単純な比較はできませんが、犬種による差こそあれ、危機回避本能が現れるといわれている8週齢から2週間。子犬の脳の8割が出来上がってしまうといわれている生後16週齢まで、まだあと6週間あります。

秋から鳥の専門家による行動学コース(ご興味のある方はUtah State UniversityのSusan Friedman博士ですよ)を受講することにしているので、可能なら幼鳥の脳の成長についても聞いてみようと思っていますが、ばど美はものすごいスピードで毎日いろいろな学習をしています。そして、これは感覚的なものですが、そのスピードが日々増しているような気がします。具体的には、問題解決能力が高まっていることや新しい物には一定の用心はするけれど克服までの時間が早くなっていることなど。

そして、何より驚きなのは、クリッカーの1クリック1トリーツチャンスというのは、しっかり理解しているけど、トリーツを取りにくることより、問題を解決(例:クリッカーをしている時の課題)することへの喜びを楽しんでいるように見えます。というのは、クリックしても、トリーツを取りに来ないで、行動を繰り返します。

こんな毎日のばど美の変化から、犬はもちろん、他の動物とのコミュニケーションのために、勉強できることがたくさんあります。まだまだ成長ざかりなので目が離せません。幸い、えぢもねも、同じ空間にいることができるようになったので、みんなで一緒に勉強という名の遊びが可能になりました!いえ~いです。

では、早速本題(ってこれから本題か!)。社会勉強のひとつ・・ドライブ。
私との生活には欠かせない車での移動。これはえぢもね育ての時にも、これができないとどーにもならないので、当初車酔いをしていたもにへとは、ちゃんと頑張ったことを思い出します。

車に乗ると一言でいっても、いろいろな要素が混ざっています。自車のエンジン音、周りの車やバイクの音、振動、エアコンの風、窓からの風、日差し、夜なら暗闇、ガソリンスタンド等々。

通勤開始当初は、例の虫カゴ(笑)を周りが見えないように(刺激を少なくするため)トートバッグに入れてました。で、先日から、周りの見える移動用ケージにまず変更。すると周りから受ける刺激は当然多くなります。

最初はこんな感じ。
通勤ばど美(慣れ)
そう、つまり結構慌ててました。たぶん最初の20分くらい、おちついて一ヶ所にいることなく、ケージの中をウロウロと。こんなことは虫カゴ移動の時にはなかったので、ばど美の中では、大きな変化だったのだと思います。

しかし、その後はこんな感じに。
通勤ばど美(安定)

で、夜の移動も。
通勤ばど美(夜)

こういう通勤を2日間くらい繰り返したあと、慣れるまでの時間が短縮されてきたので、次の新しい要素になる「窓を開ける」を試してみました。こうすると当然ですが、外からの騒音も大きくなりますね。
通勤ばど美(窓)
少し興奮した様子でしたが、落ち着きをなくすほどではありませんでした。

今は、横を通る大型トラックの様子や音にもめげず、「世界の車窓から」のごとく通勤をエンジョイしているようです。

車に乗ると興奮してしまうという犬達がよくいますが、もし子犬のうちから面倒を見ることができるのであれば、「車に乗る」という大きなテーマを細かく分けて慣らしあげることが、車内で落ち着いていられるようになるには、大事になってきます。

そしてこれも社会勉強なのかな(笑)。
ばど美のおもちゃを作ってくれと、かねてからるふとのと~ちゃんに懇願していたら、こんなものを作ってくれました!じゃ~ん。

スラローム
アジリティ用スラローム!

バードウォーク
ドッグウォークならぬバードウォーク!

ジャンプ
ハードル!

セット
これが、フルセット。

こだわり
もちろん安全面にも配慮したキメ細やかな加工ずみ。

こんなステキの作ってくれたんだから、一生懸命遊び倒さないとね!ということで、ダラダラとした練習風景&遊びですが、しばしば「ばど美んとん」という番組名でUST配信もしてます。

こんなことを書いているうちに、もう4時もまわってしまいました。
えぢもねもばど美もすっかり夢の中。私も慌てて混ぜてもらいます・・・ZZZ。
  1. 2010/08/21(土) 04:22:22|
  2. トリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風呂でおもふ

というわけで、えぢもねを風呂にいれた。

えぢももにへも、「お風呂入ろう」と小さく一声かけただけで、お風呂場に入っていく。

体を洗いながら、なんだか泣けた。
犬達とふれていると、なんとも言葉では表現できない不思議な感覚を覚える。
感動する風景を見た時や音楽を聴いた時みたい。

えぢもね風呂後

一緒にいられて嬉しいな。
ずっと、ずっとこんな日が続きますように・・・。
  1. 2010/08/20(金) 02:10:40|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。