FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知ることを楽しもう!

金曜日からケン・マッコートが来ています。

昨日(横浜)今日(東京)とセミナーがありました。
明日は移動日で、あさってから1泊2日のキャンプ(山中湖)です。

おもしろいですよぉ~。
今日のテーマは「犬種により起こりやすい問題とその対処」(だったかな・・・)でした。

リラックスもにへ
「もにへ、あんたのことだよ」的な話もありました。

ケンも私同様とにかく「真実を知りたい」タイプ。
疑問点があれば、とことんつきつめたくなります。知りたかったことの答えに近い情報が手に入るということは、ジグソーパズルのmissing pieceが埋まっていく(=真実に近づける情報を入手できること)ようで、最大の喜びです。

犬にまつわる最先端の研究結果などに触れる機会が多い(いいなぁ・・・私もそんな環境に身をうずめたい)ため、今回も、現時点では多少マニアックに受け取られるかもしれませんが、鳥肌モノ情報満載の内容です。行動学(生態学)、脳科学、神経科学、生理学、解剖学、応用心理学、認知科学などなど。こういったさまざまな分野での新発見や研究状況などを、いかに犬やその他の動物へのより深い理解、そしてより明確なコミュニケーションに使っていくかは、コンサルティングやトレーニングを手がける私達が知恵を絞るところです。久々に脳に新鮮な刺激を受けることができました。科学の進歩はすばらしい。

リウォード・ベースト・モーティベーショナル・トレーニング(報酬!に基づく動機付けによるトレーニング)というくらいですから、「報酬=犬が大好きなもの」となりうるものとその根拠を、幅広くそして数多く知っていればいるほど、私達が犬に伝えたいことが上手に伝わるはずです。

あいかわらず知れば知るほど知らないことが増えていきます。
別の言い方をすれば、可能性はふくらみ、世界が広がります。しあわせ。

お時間があれば、まだ関西(三重と神戸)のイベントには空きがあります。
テーマはケンの解説付きカウンセリング、犬同士の上手な遊ばせ方、そして今日のテーマでもあった「犬種別・・」など。ぜひ聞きにきてみてください

もにへとるふと
(こんな一見しょうない2頭の絡みにも意味はある!?)

山中湖にはえぢもねも同行します。

ふだんのえぢぼ
そうそう、どなたか僕と一緒にペロンとしませんか。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/28(月) 03:30:13|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Step by Step

はしゃぎすぎた旅の後・・・とでもいいましょうか。
案の定、えぢももねも(実は私も)体調を崩しました。とほほ。

えぢ:腰の痛み
もにへ:後ろ足の痛み
えぢまま:(どうやら)肋間神経痛

体調不良箇所
こんな位置。

それぞれ旅から戻って2~4日くらいで症状が出た感じです。
すぐに出ないのも、年のせいか(苦笑)。

えぢがどんな風になったかというと、いつもは楽に、軽いジャンプ(というほどの高さでもない)で乗り降りしているところが、体の痛みのためにできなくなったのです。

後ろ足を小刻みに震わせ、自分の体の変化に驚いているような、怖がっているような、自信のない表情をして、私を見つめていました。そしてその位置でジッとしたまま、悲しげな声でク~ンとないていました。私も、その時は、「このまま歩けなくなったら・・・」と動揺し、同じように困惑した顔をしていたような気がします。今思えば、私の不安な様子は、えぢをさらに不安にしたことでしょう。反省です。

こういった状態は長くは続かず1日安静にしていたら、幸いなことに良くなりました(除く私)。
元気にしていても、やはり年は年。前向きに考えなくちゃとわかっていても、できないことが増えていくことを受け入れる過程は、さみしくて辛いです(涙)。

そんな本音はありつつも、そんな日をただじっと恐れながら暮らすわけにはいきません。
「備えあれば憂いなし」。

以前歩行困難になった時に、ぶら~んとぶら下げられる介護ベルトを購入し慣らしたように、楽に段差のあるところへも、ジャンプせず、歩いていけるようなブリッジ風のものか階段(ステップ)風のものを購入しようと考えました。早速、検索友達グーグル君に尋ねる・・・。あるわ、あるわ、いろんなものが。

そんな中、みんなのアドバイスもあり、これ購入。

踏み台(たたんでる)
(たたんでる状態)

踏み台(くみたててる)
(組み立てた状態)

これは、非常に便利なお品です(木製 2 Way Stepというらしい)。
木でできているので見た目もナイス。犬が足を乗せるところは絨毯なので、滑り止めもバッツリ。
重くなくて(8.5キロ)、写真のようにコンパクトに折りたためるので、現在肋間神経痛に苦しむ私にも、持ち運びが楽です。

えぢと接したことのある方は、車に飛び乗る時の恐れかたというかヘタクソなジャンプ乗りを、思い出してみてください。自分に後ろ足があることはまったく意識していません。上半身のみでなんとかしようとし、後ろ足をどこかにぶつけたりすることが多いです。

これを期に、まず「ジャンプするのではなく階段を上がる」。
階段を上がるのも単に上がるのではなく「後ろ足を意識しながら上る」。
降りる場合も同様。

届いた日から早速練習。
目標は、これまで慣れ親しんできた(というか段差を超える時に使ってきた)ジャンプという動きではなく、段差を目の前にしても、後ろ足を意識して階段をのぼるという動きを教えることにしました。

そんな時には、クリッカーが力強いコミュニケーションツールになってくれるはず。

(ジャンプ風)飛び上がる、前足をものにかけたり動かしたりにはクリックせず、後ろ足を動かすことやステップに乗せた時だけクリックしてます。あせってくると慣れ親しんだヘタクソジャンプがすぐに出てしまいますが、練習を始めて数日、徐々にトントンと段差を一つ一つ上がれるようになってきました。「ステップ」という言葉(キュー)も、お伝え中。

[高画質で再生]

階段練習中

[広告] VPS
(本文とは関係ないけど、これは新しい動画編集ソフト“LoiLoScope”で、初めて作った記念作。編集作業が楽しくできそうな予感)

この階段を上がる時に、もう少し後ろ足を動かすことに意識がいくように、Tタッチのボディラップ的考えを取り入れ、こんなものをつけて練習もしてます。
巻物

自分で動けるうちは、楽な環境を用意してあげることで、自分で問題解決してもらいたいです。
それが自分への自信にもなると思うので。

ステップ
がんばれ、えぢぼ!

  1. 2009/09/24(木) 01:09:01|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作 「Tour de Peron ~ Autumn 2009 ~」 ついに完成!

北の大地を制覇し、満を持しての発表です。
ある時はやぶ蚊の大群に襲われ、そしてまたある時は大水に足を濡らし、撮影直後に豪雨にみまわれ、秋口にも関わらず容赦なくジリジリ照らす太陽のもと・・・決して平坦な道のりではありませんでした。しかし、我々に課された大きな使命である「キューの般化は大切だ」概念普及のために、今回もがんばりました。ウルウル(・・・・ってどんだけすごいんだ)。

ホントは観光ついでに、今回もあちこちでペロン、ペロンしただけです、はい。
では、どうぞ~。


(filmed by えぢまま / edited by るふとのと~ちゃん)

いやぁ~。今回の意外な敵は暑さでした。
ジリジリ太陽と上で書きましたがすっかりのウソではなく、少し暑くなってちょっとでもハァハァしてくると、「ぺろん」と声をかけても、舌をだそうという意欲のみが空回りし、ハフという空回り風の音とともに、口を開けたまま首を上にあげただけで終わってしまうのです。自分ではペロンとしているつもりらしいのですが、真のペロンとはまったく別物です。なので、少し涼んでから再びトライという場所もありました。

しかし、えぢ、これだけあちこちでペロンペロンしていると、それまで周りのものに気が散っていても、「ペロン」のキューとともに、つい集中しペロンとしてしまう・・の域に達してきました。名人芸か。

ペロン現場でのスチール。

マークでぺろん
真剣すぎる顔がコワイです。
実はこれ、白樺林でペロンというだけではなく、切り株に「マーク」(タレント犬トレーニングで最初にすること=指定された場所へ行き、カメラを向いて両前足で立つ)しながらのペロンです。

犬小屋でぺろん
この顔も真剣で、ちょっとコワイです(笑)。いつも熱心。
伝統的なタイプの犬小屋(中身はお留守)を見つけたので、その前でやってみました。
本当は中から顔を出してペロンが、より高度だったのですが、「不法侵入」な気がしてやめました。

渓流でぺろん
ナイスな渓流。泳ぐほどの暑さでもなかったし、深さもなかったので、ペチャぺチャ歩いて遊びました。

まだまだ若いモンには負けません。次回作のTour de Peronに向けて、すでにワンダフルな構想が。
あなたの町の、あんな場所・こんな場所で、ペロンとしているえぢを見かけたら応援してあげてください!
(注:声援よりおやつを好みます)

  1. 2009/09/21(月) 11:04:38|
  2. Tour de ぺろん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北への旅 ~目指せ犬目線~ VOL. 5

早いもので、今日は本州へ戻る日。
朝早くに函館フェリー乗り場に向けて出発。

旅の終わりは、いつも、なんだか切ないです。
犬がそんな風に考えるわけはないと思いつつも、どことなくさみしそう。
「dog mirrors us. (犬は人の鏡)」と言いますから、私の気持ちが、そのまま伝わってしまうのかもしれません。

車窓から観光中(もにへ)
窓の外なんかに顔を出したことのないもにへです。
こんなことをしているのを見たのは、約9年間一緒にいて初めてです。

車窓から観光中
外にこそ顔を出さないものの、えぢも窓の外を観光中。
顔が真剣でコワイぞ。

実はえぢの「なごりを惜しむ」動画があります。
といっても皆様には、1匹の犬が窓の外を見ているという、とてつもなく退屈な映像にすぎません。
しかし、えぢマニア(それは誰!?)必見。我慢して、最初の1分を過ぎて10秒くらい待つと、鼻フガフガが見られます。おヒマな方のみどうぞ。
[高画質で再生]

車窓から観光中

[広告] VPS

結構時間に余裕をみて出たはずなのに、到着はいつもの通りギリ。
(この文章は旅の始まりにも書いた記憶が)

しかし、無事にフェリーに乗り込み
「バイバイ、函館。また来るね」
バイバイ函館

この後、青森のDog Gardenでイベントお仕事。
ここのお店のオーナーは、仲間です。
夜は、美味しいお寿司をごちそうになっちゃいました。ありがとう。

再び安比に宿をとっていたので、そこで、一晩ゴッソリ眠り、翌日仙台で牛タンを食べて、しっかりと高速1,000円ルール内で帰ってきました。

さて、犬目線を意識して過ごした数日間。
目的だった「ご接待」は成功だったのか。

真の答えはえぢもねしか知りません。
私は、2頭の様子から推測することしかできません。

北海道という非日常は、人にとってエキサイティングでした。
そんな気持ちや行動を反映してか、犬達の気持ちも盛り上がっていたようです。

楽しかった旅(もにへ)
もにへ:楽しい時に見せる顔

楽しかった旅(えぢぼ)
えぢぼ:楽しい時に見せる顔

つまり、いろいろな状況を、毎回、はしゃいだ様子で興味深げに、そして、楽しそうに受け入れていました。

盛り上がれば、それが楽しいことであっても、心身ともにストレス要因となるので、(私を含めて)シニアな2頭と1名なことですから、あとから調子をくずす可能性もあります。QOLとストレスのバランスという話しに行き着くのでしょうねぇ・・・。

私達トリオは、細く長くより、太く短くな人生が向いてるかな。
(でへっ、本当は太く長く・・が理想。○○っ子世にはばかる的人生も悪くない:笑)

こんな旅、またしたいぞ。

(全5回に渡って続いた「北の旅」シリーズは今回でおしまい。読んでくださった皆様、ありがとうございました。そんな皆様のために、近日中に、「とっておき!旅のオマケ」掲載予定です)


  1. 2009/09/19(土) 23:50:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

北への旅 ~目指せ犬目線~ VOL. 4

じゃーん。
今日はこんなにいい天気。
宿からの羊蹄山

元気に「ご接待」プラン実行です。

その1。
チーズ工房のような店に行き、チーズソフトクリームを購入。
うまっ。味が濃いよ。
えぢもねも、ソフトクリームをちょびっと味わい、ご満悦。
(やはり美味いものは、かなり嬉しいらしい。直球ごほうび)
ついでにチーズも購入し、幸せをお持ち帰り。

その2。
ニセコといえば、スキーリゾート。
若くてスキーに夢中だった頃に来たなぁ・・。
思い出はさておき、アンヌプリにはドッグランがあるらしい。

さぁ、遊びましょう。
またもや客はえぢもねるふとのみ。貸切か。

ドッグランでは、いつもと変わらないような、ドッグズラン (Dogs ran.)状態。
走るもにへはパワー全開。
無駄のない動きと筋肉が、きれいだぞ。
ニセコDR1

そして、まだ走る。
ニセコDR2

えぢも、えぢなりのペースで、かなりはしゃぐ。
走る、走る(写真では走ってないけど&これは「ぺろん」の写真ではありません)。
年とってるのに大丈夫か!?
ニセコDR3

なんだ犬だけで遊んじゃってんじゃん。
いいんじゃん、私いなくても・・・といじけかけていた私。
そんな時、遊びの輪に入りませんか風のお誘いらしきものが。
え?うそ?私も仲間に入れてくれるの?

ということで、原始的な追いかけっこではありますが、参加させてもらいました。
ニセコDR5

るふとは大盛り上がり。そして、えぢは盛り上がった時に、よく見せる「がん吠え」!
いぇ~い、乗ってるかい!です。
しかし、よく見れば、もにへは地面の臭い嗅ぎ。
もしや、これは、セミナーなどで私が解説している「カーミングシグナル」ってやつですかい?
ニセコDR6

私のハイテンションぶりがお気に召さなかったのかもしれません。
あいたたた。普通に戻れば、もにへも普通です。
ニセコDR4

犬達の楽しげな表情が、嬉しい。
ニセコDR7

その3。
おいしいコーヒーとケーキがほしくなり、そういうものがあるところへ。

そこで、こんなステキなトラクター(っていうの?)発見。
犬達を乗せて写真撮影をしていると、私達のうしろにいた人達もえぢもねるふとの写真を撮ってました。どなたかのカメラにも同様の写真が収まっていることでしょう。
どうかよろしくお願いします(ってなにを!?)。
トラクターの上で

トラクター上では青い空も見えてたのに、あっという間に雲が広がって。
しかし同時にレインボーも!きれいだな~。
羊蹄山&虹をバックに記念撮影。カシャ。
本日の締めくくりショットです。
虹をバックに

ずいぶん遊んだなぁ。
犬達の表情を見ていると、まさに「今を生きている」と感じます。
10月で11歳になるえぢを連れてくることに不安がありましたが、キラキラした目ではしゃぐ姿を見ていると、やはり私達トリオ(えぢもねと私)は「今」を大切に生きるのがいいのかな・・・などと考えました。

北のシリーズは、まだ、続く・・・。
(いつまで続くんだよ、と思っているでしょう)

  1. 2009/09/18(金) 09:17:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。