あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おニューなベッド投入

かなりくたびれてきた、れいの1,580円ベッド。
中身となっていた綿を、白い「る」の字ので始まる名前の子に引っ張り出され、今はほぼぺしゃんこです。中にあつめの敷物をしいて、かろうじて、頭を乗せる部分を作り出し、えぢにはご使用いただいている状況です。でもたまに、そこから乗せていた頭がはずれ、首ががく~んと下に落ち、そんな時の寝姿は白目に赤目まで出て、ちょっとしたホラーです。

さて、そんななか急場の措置として、枕部分はないけれども、フカフカベッドを投入しました。じゃ~ん。
ニューベッド

結構高級です。3,000円超しました。
飽きがこないような工夫がほどこされているのか、それとも単なるデザインなのか、裏側にすると同じ色調ではあるけれど、明るい感じになってます。

そして、そこに寝るえぢもね。
ニューベッドとえぢもね
再びカメラ目線のえぢが気になりますが、それはそれとして・・・。
こんな風にもねの横目がおそろしく嫌そうですが、一緒に寝たりしています。
写真の左端にちょびっと見えているのが、今までのベッド。

そして、ぺしゃんこになったベッド。
犯人と思われる

枠つきで丈夫かつ安価なベッド探し中!

スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 10:52:29|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Tour de Peron 2009 ~Spring Flowers~

新作ツール・ド・ペロン。
タイトルはSpring Flowersだけど、花はあんまりきれいじゃないんだなぁ。
咲いているのかも微妙な絵があり。

でも、根本に帰れば、このツール・ド・ペロン シリーズを始めたのは、行動の般化「いつでも、どこでも、だれとでも」を実践しようということだったし、大目にみてね。


しかし、最近、この「だれとでも」が怪しくなっていることに気づきました。正確には「だれとでも」大丈夫なのですが、私の「ぺろん」というキューにクセがつきすぎ、ものすごい高音かつ「ぺろん」の「ぺ」にアクセントを置かないと、えぢにわかりにくいようです。

これに気づき、声のトーンを押さえ気味にし、平坦なキューにし始めましたが、ほんとに微妙なところで、犬の迷いは生じてしまうものですね。毎度のことですが、犬に教えられることばかりです。

皆さんも、しっかりできるようになっていたはずの行動が怪しくなったら、まず自分の何かが変わっていないかを確認してみてください。犬が判断を誤ることは少なく、覚えたことは正確に行おうとするはずです。

このツール・ド・ペロンの撮影のため、一緒に桜も見に行きました。楽しかったなぁ。
お花見

しばらく体の調子が悪かったために、どこかに出かけてのぺろんも封印していましたが、気候も良くなってきたし、えぢも元気いっぱいなので、新シリーズ作りを考えます。

ぺろんのできるお友達がかなり増えたので「お友達とぺろん」は、やりたいなぁ・・・

  1. 2009/04/28(火) 22:53:48|
  2. Tour de ぺろん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクトレスもにへ 再始動!

本日早朝(といっても私時間だけどね)から、アクトレス仕事に出かけてきました。場所は都内の某公園。春らしく花が咲き乱れ、健康的にスポーツをする人々や、犬の散歩を楽しむ人々に、多く出会いました。

でまち
(またまたしょぼい顔だが、車内で出番待ちのもにへ)

撮影自体は、晴天のもと、非常に健康的な感じでした。主演の女優さんと、お散歩、ベンチでお休み、トリック披露、一緒にお遊びなど。ムービーだけでなく、カバーにも使われるようでスチール撮影もありました。

カメラ嫌いそして実はレフ板苦手のもにへなので、大きなレフ板が出てきた時には、一瞬私がひるみましたが、暖かく爽やかなお天気のせいでしょうか。どちらもなんなくクリアできました。

このお仕事の後、もう1件GW明けにも、アクトレス仕事が控えてます。アクトレスはお顔が命。日々、洗顔・美白などお肌の手入れに精を出すことにいたします。

しかし、タレント犬のお仕事は楽しいです。いきあたりばったり感、せっぱつまった感、どうにかせにゃいかん感により、犬と一緒に働いているチームワークを存分に楽しめます。ディレクターかの「OK」の声がかかった瞬間は、「イェ~イ!」と犬とハイファイブをしたい気持ちになります。

黒い犬への仕事依頼は一般的に少なく、芸達者えぢぼの出番が少ないのがさみしいですが、すでにるふとのと~ちゃんぶろぐで紹介されているBAMBOO CLICKERのDVDでは、忍者犬として大活躍することができました。

もしお時間のある方は、このYou Tubeにちょびっとお付き合いください。


アメリカでは、カレン・プライヤーが気に入ってくれて好評発売中です。このサイトで買えます。ここに出ているカレンのお勧め文章を日本語訳すると、こんな風になります。

”The Bamboo Clicker(ザ・バンブー・クリッカー・トレーニング)DVDでは、クリッカートレーニング入門を美しい形で紹介しています。非常に豪華な内容です。クリッカートレーニングの各ステップが、優雅な日本の伝統文化である茶道や盆栽に結び付けられて解説されています。衣装も素晴らしいです。全編を通じ、目の保養になるだけでなく、クリッカートレーナーの感性に訴えかける内容です。
初心者および初心者を教える指導者向けの素晴らしい教材です。”- カレン・プライヤー

トレーニングでは遅れていると思われがちだった日本から、こういった形で情報発信できたのは、何よりの喜びだし、大きなワン・ステップ・フォーワードだと思っています。

これは日本でも近々発売予定です。アクトレスもにへも出てますが、忍者えぢぼも出てますので、見てみてね。
  1. 2009/04/26(日) 23:21:52|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の心を形にしてみよう

皆様、それぞれ愛犬のイメージにあった歌や曲というのがあると思います。

ある犬は、さわやかな朝露光る高原を走り回るようなイメージの曲。
またある犬は、ポップでヤングな(この表現そのものが、今の若者に受け入れられるのか!?)イメージの曲。

そんな中、えぢのために、心優しいるふとのと~ちゃんが、数ある名曲の中で「これだ!」というものを選んでくれました。それが、あの永遠の名曲「氷雨」でございます。しかも、あの人気絶頂のジェロ様の歌っているバージョン。

曲はあいにくついていないので、それぞれのお部屋で、大音量でジェロ様の氷雨をかけながら見てくださると最高だと思います。

では、どうぞ。

(撮影 by 再び当たり前だけど、るふとのと~ちゃん)

そして恒例の撮影秘話だす。

やけ酒をがぶ飲みするシーン。
まず入れ物に興味を持つように、入れ物に顔をいれることをクリッカーで強化。その後、その入れ物にさらに興味を持つように、ご褒美も入れ物に置きました。それに少しずつポカリスエット風味つき水を足していって、水を飲みながら、ご褒美を取る。徐々に水だけ飲む・・・という風に変えていきました。撮影時には、もう食べ物はいれていません。

「別れたあの人をおもいだすから~」のくだりで、去っていく女性役はアクトレスもにへです。えぢにマテをさせて、もにへだけを、カメラに写らない位置から呼び込みました。

タバコの煙は体に悪いので、実際に置いていたのは1本で、その他のスモーキー感は、スペシャル小道具であるスモークマシーンによるものです。

「泣いてなんかいないわ」ですが、えぢの目から大粒の涙を流したかったのですが、泣くわけはなく(笑)、お水をたらそうとしました。ところが、獣医師お墨付きの脂性えぢ。水を流しても、ポロンポロンと水はじきのいいこと。かろうじて撮れたのが、これ。今度取る時は、もっと工夫するぞ。

お酒をがぶ飲みした後、微妙に演技しているえぢに何人の方が気づいてくれているでしょう。頭をカウンターにベタッとくっつけて、ガックリ感を出したつもりです。

酒場のシーンは、ライティングの関係で部屋の温度があがってしまったために、口元がハァハァしてしまったのが悔やまれます。次回は、部屋の温度を下げ、よりもの悲しい雰囲気を出したいと思っています(って次回はあるのかよ、ですね)。

そうそう、オープニングシーンで、えぢと肩を並べている謎の女性は私です。
えぢと酒場で一緒にいられるなんてシアワセ。うひ。

こんなイメージビデオ、私もほしいわ・・・という方がいたら、ぜひ一緒に横浜で作りましょう!
  1. 2009/04/22(水) 21:42:24|
  2. えぢもねプチ劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ためしてみよう

日々、いろいろ試してみることには、大きな価値があります(と大上段に構えてもなんなので、あると思います・・・くらいの気持ちで読んでください)。

私達の居場所横浜でも、時間さえあれば、いろんな試みをしてます。今日は、るふとのと~ちゃんが被写界深度というのかな~(技術的なことはよくわからないので、いつか本人に聞いてみてください)。ビデオを撮影する時、ピントの合わせ具合で、見える映像の印象がどんな風に変わるか・・・的な実験をしていたんだと思います。たぶんだけどね。何度も聞くと怒られるので、そして映像も勝手にYou Tubeからもってきてます。でへっ。


(撮影 by 当たり前だけど、るふとのと~ちゃん)

ムービーのオープニングを撮影した時に撮ったのが、この写真。
これは、私自慢のデジでつ。
テラスで3頭

ムービーのほうは、3頭が自由に遊んでいるところをメインに撮影していました。
おもちゃとして与えたタオルのひっぱりっこに、やたら火がついたえぢ。
美しい音楽に消されてますが、ずっと「ウ"-」と言いながら張り切ってます。

るふとはえぢのそこまでの頑張りを期待していなかったのでしょう。本当にエキサイティングに遊びたい相手のものへ(ムキになっているえぢの脇で、一人ボール遊びに専念中)の動きを、チラチラ目で追っているのがおもしろいです。

テラス部分での撮影は、ムービーでは最初に入っていますが、さんざんインドアで激しい遊びを終えた後です。なので、3分の2の犬達は、舌を出してかわいらしい笑顔風になっています。あんなに騒いだ後だから暑いはずなのに、えぢのみ終始真顔。口を開けた時も、犬というより、金魚のパクパクみたいなのが気になります。

写真撮影をした時ですが、犬達が座っているのは、かつて私がペンキをヌリヌリしたベンチです。3頭上手に乗れば収まる大きさではあるのですが、幅も長さも狭いので、撮影前に少し慣らしました。1頭、1頭、自発的に、自分できちんと安全確認をした上で乗れるように導いてあげると、乗ることに自信がもてます。最初は、ちょっとビクビクだったえぢも、最後のほうには「もっと乗っていたい」という素振りをみせていました。安全が自分で確認できたことで自信がついたことと、ここにいるとおやつを含めたよいことが起きるからですね。

3頭が、それぞれ、乗れるようになったら次は乗る順番です。
一番ヘタクソ(運動神経の弱い)なえぢをまずセット。これは、自分で安心できる場所を選ばせてあげると、乗りやすく、その場にいてくれやすいためです。あとの2頭はそれほど、気にしなくても大丈夫そうだったので、色味と大きさなどを多少考えて、乗せてみました。

これが実際にタレント犬のお仕事だったとしても、犬の得意・不得意を考え、その場でどうやって道具に慣らし、また犬同士が接近する撮影であれば、犬同士の相性も考慮にいれる必要があります。

犬達の目の前にあるテニスボールに意味はありません。中で遊んでいたものを口の中に入れてもってきてしまったため、置き場所に困り、そこにおいただけです。るふとのと~ちゃんが、あとから「これ、なくてよかったじゃんよぉ」と言ってました。その通りです、はい。

こういった撮影をするにも、タレント犬トレーニングのノウハウは、いろいろ活かせます。そうそう、ゴールデンウィーク中の(5月2日)に、えぢもねの居場所横浜では、「タレント犬入門ワークショップ」というのを開催します。

えぢもねも登場するかもしれません。もしお時間があったら遊びにきてください。
そして、きっとお茶とお菓子がでます。

  1. 2009/04/21(火) 01:55:43|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。