FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このベッド誰の?

「見逃してしまいがちだけどスペースも大事な資源です」という話をよくします。

犬達と生活をする時に、スペースに限らず、犬が「いつ、どういう時に、何を資源と思う」かを把握しておくことは大事です。動機づけによるトレーニング(motivational training)の「動機」部分になるので、行動を身につけてほしい時にも、やめてほしい時にも、これを把握しておくことが基本になります。

オフィスの中での犬達の資源ですが、それぞれコダワリを持っている子達もいます。コダワリが強いと「守る」という形なって現れ、対象物をめぐっての争いになったりするので、それなりの管理が必要になります。

でもって、この写真。
えぢと仲間のIさんの愛犬G君(うしろにいる黄色い子はもにへ)。
ぐりゅと

ベッドが下敷きになって見えないけど、えぢのハヤリの記事などで登場したえぢもねの1,580円ベッドです。G君は、このベッドが気に入ったようで、オフィスに来ると、このベッドに丸まってます。でも、えぢも自分がいつも使っているベッドなので、好きなようです。

しかし、この2頭、このベッドをなんとしても自分のものにしたい・・という形でのコダワリはありません。それぞれ相手に譲るつもりもないけれど、自分も居座る。人間ぽく言えば「そんじゃ、一緒に使いますか」な関係です(しかしG君の顔はクライ:笑)。

こんな風に折り合いをつけて平和裏に解決してくれると、人間が介入する必要もなくなり、たくさんの犬達が一緒にいても、みんな自由に空間の共有ができます。

多くの人が望む「犬は自由にしてあげたい」を実現可能にするには、犬の資源が何かを、ふだんから人間が意識し上手に管理しておくことです。

えぢもねの居所横浜のオフィスでは、日々たくさんの犬達が出入りするため、たくさんの犬と上手に暮らすためのヒントがいっぱいあります。

近々、そんなことをテーマにしたプチ・セミナーを横浜で開く予定です。
えぢもねの生活空間にご興味のある方は(いつものことだが、そんな人はいるのか!?)、ぜひ、聞きに来てみてください!

スポンサーサイト
  1. 2009/03/30(月) 02:16:16|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TREASURE HUNTING

私はインドア好きです(出不精か!?)。
ずっと一緒に暮らしているえぢもねも、アウトドア好きなイメージのある犬種ですが、インドア好みになりました。そんななので、インドアでもエキサイティングに過ごせるよう、えぢもね家では一緒に遊ぶインドア用ゲームが、いろいろあります。

その中のひとつ「Treasure Hunting(宝探し)」。このあいだ、さむ~い雨降りの日があったので、家の中でこのゲームをすることにしました。宝探しといっても、それほどのお宝があるわけではありません。しょせん、えぢままの家ですから。

ルールは簡単。その日思いついたところにトリーツを隠し、えぢもねが「OK」の合図で探しに行き、見つけたものは食べてもよい・・・。

この日は、Mount Blanket(毛布山)の中に隠された宝を探すことに。



「宝探し、OK」の声でゲーム開始。
えぢは、毛布の中に顔をうずめっぱなしで探しています。見つけたトリーツを食べた後、口の中にひっついたようで、ペロペロしたりしています。一方のもにへは、それほど熱心に探しているわけではないようですが、要領よく2,3個見つけてさっさと食したもよう。

この日のお宝は、いつものフード。もにへには価値が低かったのかもしれません。おいしいものの日は、真剣さが違います。えぢは、ALWAYS一生懸命です。

お宝ハンティングを終えたえぢもね。
アフターお宝ハンティング

いつもはもっと広い範囲に隠すので、この日は満足度が低かったかもしれません。

鼻を使うと、落ち着いて集中力が高まると言われています。犬の持つ能力を活かしながら、寒い日や雨の日にもインドアで楽しめるゲームです。ぜひ、お宅でも遊んでみてください。

とは言ってみたものの、これから春になり暖かくなるから、普通はアウトドアか。
では、梅雨にでもなったら、ぜひどうぞ。

  1. 2009/03/27(金) 01:39:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひと区切り

年末からずっと不安材料だったえぢの体調。
やっとひと区切りつきました。

治療を始めてから約2ヶ月経って、今日、胃の内視鏡検査をしたところ、潰瘍だった部分がすべて、きれいに治っていました(念のため細胞の検査はします)。写真も動画もみせてもらいましたが、以前の様子がいかに悪かったかを、あらためて思いました。

これは人間も同じだと思いますが、再発の可能性もあるそうです。できるだけ健康でいてもらいたいと、この2ヶ月間いろいろ考えてみました。

今回の胃および十二指腸潰瘍でいえば、はっきりした原因がわからないので、一般的に言われている潰瘍の原因となるであろうものは極力控えるようにするつもりですが、その他にできることは、やはり普段から(さらに!)よく見て、小さくても何かいつもと違うことがあれば、すぐ対処することかな・・と思いました。

そんな中のひとつです。薬を飲み始めてから、それまでたまにしていたことで、まったくしなくなったことがあります。草食。以前は、お散歩に出かけると、草にまったく興味のない日とやたら草を食べたがる日がありました。単に草が好きという場合もあるので、それほど深刻に考えていなかったのですが、治療中(投薬中)は草にまったく興味を示さなかったので、えぢの場合は、胃腸の調子が悪い時に食べるのでしょう。わかりやすいサインなので、今後は見逃さないようにしなくちゃです。

今朝のえぢもね。
にほひ
前日は明け方近くまでのお仕事だったので、お留守番していたえぢとはほとんど遊べませんでした。なので、かなり睡眠不足気味ではありましたが、朝病院に行く前にお散歩に出かけました。なんの匂いがするのか、2頭でスンスンとにおってます。

検査のために病院に置いてくる時に、テクテクと診察室の奥に入っていく姿を見て、「病気が治っていること、元気でまた夕方会えること」を祈ることしかできない自分が、とても無力に思えました。

ただ同時に、えぢもねを診てくれている(病院の)先生に出会えたことを、本当によかったと思いました。病気になった犬達に、無力な自分が唯一できることは、信頼できる医師を見つけ、あとはその人に任せることだけです。

えぢもねの主治医である先生は、病気治療への強い情熱を持っているだけでなく、状態の説明、治療方法やさまざまな可能性などについても、飼い主である私とじっくりと話をしてくれます。科学と感情のバランスを兼ね備えた、とても信頼できる人です。

こちらは、帰宅後夕飯を食べるえぢ。
食べる

いばったような顔で「ご飯よこせ!」と言い、元気にガリガリ食べる姿を見ていたら、やっと今回の病気が治った嬉しさを実感できて、涙がちょびっとこぼれました。
  1. 2009/03/24(火) 00:38:12|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ながい

日本全国の皆様にとっては(そんなに多いのか!?)どーでもよいことなので、書こうかどうしようか迷ったのですが、これまでもストーリーの大半がどーでもよいことの積み重ねな気がするので、ついでにもうひとつ増やしてしまうことにしました。

えぢですが、トイレ(小)が非常に長いです。

長い
あまりに長く一箇所にとどまっていたために、トイレ中の写真を撮られてしまいました。
また、先日は通りがかりの小学生が「なげー」と一声発して過ぎ去っていったそうです。
過去には、トイレ中にタバコを吸い終わった!という方もいました。

撮影後
(本犬の名誉のために、トイレ後にすっきりした、かっこいい写真も掲載)

基本的には、入ったものが出るはずなので、さぞかしたくさん入れるのであろうことが容易に想像できます。始めは、健康上の問題かと思い、検査などもしてみました。しかし、特に異常も見つからず今日に至るというわけです。また、のべつまくなしに飲んでいるわけではないので、えぢなりの理由があると考えられます。

まず、水を多く飲むのは、私がいる日がほとんどです。また、私があまりに忙しく、横浜にいたとしても、オフィス内にはいられないような日にも、がぶ飲みはみられません。出張などでオフィスを空けるときも、留守中の様子を聞くと、がぶ飲みはしていないようです。さぁ、ここまで来ると、がぶ飲みの条件の中に私の存在が入っていることが明らかになってきました。

その条件を満たしたうえで、さらなる主な条件は、えぢが退屈そうにしている時です。

水を飲んでしばらくすると、リードを持って私のそばにやってきて(リードが近くにない場合は、かわいらしく私の膝にあごを乗せ)、シッポをブンブンふりながら、「トイレにでかけませんか」と誘います。

犬が「水を飲む→トイレに行く」と順序だてて考えるのかは、わかりませんが、一連の行動を見ていると、そんな関連付けから飲んでいるように思えてしまいます。
外に出かけたいだけなら、シンプルにお散歩をねだればよいのに、トイレもしないと悪いなぁ・・・と考える正直者なのでしょうか。排泄行為そのものを望んでいるのでしょうか。私からの注目を得ようとしているのでしょうか。
そんなワケない!と一気に否定することなく、いろいろな可能性をふまえつつ、こういった日々の一連の行動を見ていると、犬はいったいどのくらいのことを考えている(考えることができる)のだろうと、ますます興味がわいてきます。

犬のことを知る道のりは、えぢのトイレのように長い。

  1. 2009/03/21(土) 02:07:32|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

なんとなくだけど・・

昨夜のえぢは、体調が悪かったです。

言うこときかないぞ
(昨年12月、浜名湖に行った時の写真)

夕方くらいから、少し元気がないなぁと思ってました。
夕飯をあげようと、「ごはん食べる?」の大好き言葉をかけても、いつものようにシッポをふらなかったので、食事は普通に食べたけど、さらに心配になりました。

その後、お風呂に入っていると、「クプクプ」と音が聞こえたので心配になり、お風呂の途中だったけど飛び出して犬達のところへ行ってみました。
音のもとは、えぢ。しゃっくりなのか、げっぷなのか・・・。
横になったまま、吐き戻すというかんじではないけれど、なかなか止まらず、ちょっと苦しそう。
あまり長く続くようなら、このまま病院に連れていこうかと思いました。
止まった後も心配で、しばらく様子をみていました。

落ち着いて眠ったえぢのスースーと気持ちよさそうな寝息を聞きながら時間の経つのも忘れて、えぢを撫で撫でしてました。
小さな体で毎日がんばってるなぁ・・・。
ホンワリあったかいなぁ・・・。
白髪ふえたなぁ・・・。
あいかわらず、ぶあつい耳だなぁ・・・。
少しおじいさん体型になったみたいだなぁ・・・。

夜中に何かあってもいけないと思い、すぐに着替えられるように、洋服セットを枕元において休みました。心配で何度も目が覚めて様子をみてみましたが、特に変わった事もなく、朝を迎えました。

今朝は、いつものように元気そうだったし、病院もお休みなので、大事をとりながら様子をみてみることにしました。食事も少なめ、強制(!)お休み時間をとるなどして、安静に過ごしたせいか、元気に過ごしていました。

もうすぐ2回目の胃カメラ検査をする予定です。
この週末にでも、また病院に行ってみようと思ってます。
  1. 2009/03/19(木) 08:58:19|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。