あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WORKING WITH えぢもね

先日、とある学校で犬のトレーニング実習を担当する機会がありました。
いつもは、私の先生であるえぢもねが、当日はアシスタントをしてくれました。
信頼できる2人のパートナーと一緒のお仕事は、楽しいです。

紹介したのは(ちょっと長くなりますが、我慢して読んでね)モーティベーショナル・トレーニングといわれるものを、より深く解釈し、犬の進化の歴史・本能・シグナルなどを考慮に入れたコミュニケーション方法とその実践です。

犬のトレーニングというと、一方的に犬に何かをさせること(服従性)を求めるものだと解釈している人達がまだまだ多い中、次世代の若人(!)に、同じトレーニングという言葉でくくられていても、本来意味するところは、犬という異種動物と同じ屋根の下で生活する上で必要なルールを、犬の自発性を尊重しながら、上手に伝えていくことであって「犬との暮らしに相互コミュニケーションは不可欠!」と熱く語れる場をいただけることは光栄なことです。

そんなこんなで(どんな:笑!)、熱く語りながら、犬達には、それぞれの学生さんと「コミュニケーションて、こんな風にするんだよ~ん」という練習をしてもらいました。

「犬にふれる時には、犬が怖がらないような姿勢をとってあげてね~」や・・・
ごあいさつ

「停電になってしまった時、愛犬にタッチライトをつけてもらいたい!というお手伝いを犬にお願いしたかったら、どう伝えるか」や・・・
お仕事もにへ

「年末年始に家族のカラオケ大会。愛犬にはカスタネット演奏で参加してもらいたい!そんな時、犬にどう伝えるか」など、盛りだくさん・・・。
かすたねっとえぢ

犬たちやお手伝いにきてくれた仲間の頑張りもあって、多くの学生さん達が「犬って自分で考えて、こんなすごいことまでできるんだぁ」「犬も楽しそうにしている」「一緒にいろいろできるなんて楽しい」・・・などと、それぞれ犬に対して、それまでとは違った見方をするきっかけとなるような思いを持ってくれたようです。

限られた時間で伝えたいことのほんの一部しか伝えられないけれど、好奇心の種さえ心に残すことができれば、そこから芽が出て木が育つと信じています。

アシスタントとして来てくれたえぢもね・・と書いたけれど、やはり、みんなの先生として頑張ってくれたのかな。ありがとうね。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/28(金) 11:47:57|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつのまにやら・・・

もにへが「ぺろん」を覚えました。

いつのまにやらというのは、特別に時間を設けて教えていなかったからです。ある時、もにへも、なんとなく一緒にペロンと舌を出しているなぁ・・・と気づきました。で、行動をより確実にするために意識して、舌だしを強化しキューづけをしたのです。
そしたら、こんな風に。


またもや、禁断の「見ていて覚えたのかなぁ・・・」シリーズです。舌出しが増えたのは「見て覚えた」以外にも、可能性としていろいろな理由があげられます。本当のところはわからないので、ここでは、とりあえず「ぺろん」ができるようになった喜びのご報告。

もにへの「ぺろん」は、不二家のぺこちゃんを思わせるような女の子らしい仕上がりです。横にペロッと。Tour de Peronで、えぢと共演予定アリ。他にも共演してくれる方、熱烈歓迎です。よろしくね。

さて、留守中元気がなかったはずのえぢですが、やたら元気。
今日は、たまった仕事の整理などもあり、バタバタと忙しくしていました。そんな中、あまりに「遊べ」としつこいえぢ。「だめ」と強めに言ってみました。しか~し、ふと「遊びたくても遊べなくなってしまう時がいつか来るんだ・・・」と、妙にブルーに。で、「遊べ」というえぢと一緒に遊べる今のこの幸せを満喫しようということになり、遊んでしまいましたとさ。

それがこれ。
「リスさんのお散歩」です。(もとはクリッカーで教えました)



あぁ・・・またもやえぢの思うツボ。
  1. 2008/11/27(木) 00:30:49|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

見たり聞いたり in 香港

昨日香港から戻りました。

いつも文章が多すぎて「読むのメンドクセー」と思われているような気がしなくもないので、今回は紙芝居っぽく写真を中心に。

お出かけ前
お出かけ直前ショット。
いつも「もうこれで会えないかも」と涙の覚悟を心の中で勝手にしながら(笑)出かけます。

トリミングサロン
現地高級トリミングサロンでスタッフのために開かれたTタッチ勉強会。
日本人トリマーさんのスキルは高いということから、お仕事の依頼も多いようです。
(私は日本人スタッフの方のために日本語通訳してきました)

露天メシ
香港といえば「うまいもの」。
露天のうまそうな店で夕飯。

SPCA
香港SPCA訪問。
広報担当のDORISさんから詳しいツアーと説明を聞きました。
香港という地域ならでは・・のいろいろと興味深い仕組みや工夫があります。
写真の犬舎はガラス張り。犬の吠え声による騒音が大幅に減り、それが犬を保護したいと訪問してきた人には好印象を与えるのに役立っているそうです。またその他の吠え対策としては、各犬舎に開いている小さな穴に、通る人がトリーツを入れられるようにしてあり、通る人との良い関連づけをするなどを実践してました。

ワークショップ
香港初となるTタッチワークショップ。
D.I.N.G.O.のインストラクタートレーナーRose Tangが主催です。
るふとのと~ちゃんと私でお手伝いをしながら応援してきました。
ここには、台湾のパートナーであるDr. DogのShirley Chenと彼女のスタッフ3人。
また上海から現地でトレーニングの普及をめざしているというKさんも参加。
たくさんの国際的仲間が揃いました。

金魚専門店
びっくり!の観賞魚専門店。
数百メートルにわたって立ち並ぶ観賞魚店。どの店も同じように魚が展示されていました。
この先には犬猫を扱うペットショップも。

ペットショップ
夕飯に向かう通りにもペットショップ。

警察えぢ
露天の店で購入した警官の制服forえぢぼ。
数ある服の中で、見立ててくれたのはるふとのと~ちゃん。

帰宅
というわけで、無事帰宅。
心配していてえぢの体調不良(持病の背中)ですが、元気になっていました。ひと安心。

写真の顔は嬉しそうではないけれど(むしろ不機嫌:笑)、会った時は、えぢもねとも嬉しそうだったんだってばぁ~!



  1. 2008/11/26(水) 12:13:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

THE PLAY ~ 10 vs. 1未満

えぢが他の犬のための最適な教育犬だとは思いません。最適な遊びをする犬かどうかも定かではありません。しかし、他の犬(特にパピー)と会わせる時に、相手を傷つけることはないので、えぢが登場することもしばしば。

最近の身近なパピーは、この子、仲間のSさんの愛犬ウパラちゃんです。

おもちゃかい
初めて会ったのは、きっとウパラが2,3ヶ月の時。私が留守中の写真ですが、上手に遊んでいるようです。さまざまな見方はあると思いますが(特にえぢをよく知る人には:笑)、それらを無視し、私が解説すると、こんな風に。

「この成犬は、パピーに威圧感を与えないような姿勢をとることで、パピーを遊びに誘っている」
(なんの生き物かわからず、若干怖い・・あざらし?)
あざらし

「この成犬は、他の大人の犬とひっぱりっこなどで遊ぶ時には力強く頑張るのに、遊ぶ相手にあった力加減をしている」
(写真撮影時にたまたま・・という可能性もある)
てかげん

これによりパピーは他の犬と遊ぶことの楽しさやルールを学ぶだろう。こういった遊びの機会を持つことは、パピーの健全な社会化に好ましい」
(噛まれ遊び好きなえぢ。噛んで、噛んで・・と頼んでいるようにみえなくもない)
ねわざ

そして、これ最近。しばしば、盛り上がって遊んでます。
(黒い犬が2頭・・という、退屈な写真)
うぱらとえぢ2

この話もまた私の留守中のことですが、えぢとウパラが2頭だけでいたそうです。その部屋から「うぉ~ん、うぉ~ん」という不思議な声がしたので、Sさんが見にいくと、どちらが下になって相手に首周りをガジガジしてもらうかで、意見の対立をおこしていたようです。お互いに噛んでほしいため、下に入り込んだり、寝転がってしまうため、思うように遊びが進まず、えぢが声をだしていたようです。しまいには、えぢは、ウパラにむかってワンワンと吠えて自分の意思を伝えようとしていたそうです。10歳のえぢと1才未満のウパラ。えぢ、おとなげなし。

その後私が戻ってからの動画です。


ここでウパラがとっている姿勢が、えぢのとりたい姿勢です。なんとか遊びを盛り上げようと頑張っていたようですが、もにへとるふとのスプリッティングにあい、あえなく解散となりました・・・です。

今香港にいます。
Tタッチ、初めての香港イベントを主催しているRose Tang(D.I.N.G.O. Instructor Trainer)の応援を兼ね、プチ・イベントで日本語通訳をしたりしてます。来年、香港への犬関連見聞ツアーを考えているので、その下見もしてます。これから数日香港の犬施設を見学予定。
世界はまだまだ広いです。

そんなで、えぢもねは、またもお留守番。さみしいよぉ。
えぢの背中の調子が、あまりよくないようなので、実はとっても心配です。


  1. 2008/11/22(土) 11:12:29|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もにへ、8歳の誕生日

今日(11月19日)で、もにへは8歳になりました。

誕生日もにへ

早いなぁ・・・。
イギリスから木製クレートに入ってやってきた日が昨日のようです。
「出ておいで」と私が声をかけても不安そうな表情だったのが、脇からのっそり顔を出したえぢを見つけた瞬間、クレートから元気よく飛び出してきました。

犬の嗅覚は優れているというから、他の犬と間違えるわけはないと思うけれど、黒ラブの母犬と間違えたのかと思うくらいの勢いでした。飛行機での長旅、まったくなじみのない土地、聞きなれない言葉、知らない人達(もにへがもっと小さい頃にイギリスで会ってはいたけれど)・・・。どんなに不安だったのだろうと思いました。そんなもにへの一番の遊び相手・そしておそらく理解者であったえぢとは、今でもずうっといい関係です。

そしてとても興味深い経験でしたが、もにへが、私のところへ最初に明るい表情でやってきたのは、もにへを日本へ送る手配をしてくれたJayncourtという犬舎のJaneさんに、「もにへは無事に着きました」という連絡をいれるために電話をかけた時です。私の「Hello」というひと言を聞いた途端、私のところへ走りよってきました。日本語とは異なる、耳慣れたイントネーションで、もにへの警戒心というか、何かの壁がなくなったようでした。

この日から、毎日毎日一緒に生きてきました。

俊敏に走り回る姿は本当にキレイです。
他の犬達とうまく付き合う姿はカッコイイです。
いつも私のそばに寄り添っていてくれるもにへは、タカラモノです。

イエローなので目立ちませんが、すこ~し白髪も出てきたみたいです。
これかも一緒に大事に年を重ねていきます。
  1. 2008/11/20(木) 00:49:10|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。