FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

びっつくり! だけど・・・

今まで、そうしなくちゃいけないこともなかったし、試してみたことがなかったので知りませんでしたが、なんと、えぢもね共に、あんなに食事中ガブガブ食べているにもかかわらず、「マテ」というと中断できるようです。

ポーチのもにへ
(写真と本文、まったく関係ありません。ごめんなしゃい)

普段「マテ」は行動を途中で止めてほしい、ストップのような意味で使っています(一貫して使うように努力してます:笑)。

夕食である生食の肉と野菜を食べさせ始めてから、途中でトッピングに乗せようと思っていたヨーグルトを入れるのを忘れたことに気づき、ご飯皿にガブガブしている2頭に「マテ」と何気なく声をかけたら、あんなに夢中だったのにガブガブを止めて、顔をあげ、私を見ました。びつくりです。慌ててヨーグルトをお皿に足しました。

「マテ」をいつの間にか理解していたのでしょうか。

食事という、えぢもね一日の最大かつエキサイティングなイベントと思われる最中の「マテ」ができるとしたら、かなり信頼度の高い完成されたキューと言えます。そう、これだけで、「マテ」を理解していると判断してしまう、えぢもねって天才!と思ってしまう、そして自分をすごい!と尊敬してしまうのは、早すぎですね。はい。

食事中、えぢもねにとっては意味不明の「おいしいですかぁ?」「おいしいねぇ」「よかったねぇ」などの言葉は、しばしばかけることがあります。そんな時、意味不明でも耳には届いているようで、顔はお皿に向けたまま、シッポのみブンブン振ります。

もしかしたら、耳はきちんと機能しているのだから、冷蔵庫の開く音、ヨーグルトの入れ物を取り出す音、ヨーグルトのふたを開ける音・・・こんな一連の音はしっかり聞いていて、何か声がかかったから、ヨーグルトと関係があるかもしれないと、食事を中断し顔を上げただけかもしれません。

こうしたいろいろな可能性を細かく考え、ひとつひとつ確認作業をし、犬達が本当は何をきっかけに行動したかをつきつめていくことが、双方の誤解を少なくするためには大事ですね。

夜のぼんやりした時間でしたが、とても興味深い出来事でした。

食事中にしばしば中断させるのは気の毒なので、他の環境で「マテ」を本当に理解してくれているのかを試してみよ~っと。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 01:13:46|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出迎えてくれたえぢもね

昨夜、週末の新潟お仕事旅から帰宅しました。
新潟から帰宅

いつものように再会の喜び一連の儀式(!)をすませた後のえぢもね。
なんでもないいつもの出来事だけれど、そのなんでもないことが、とっても嬉しいし大事です。

毎回ですが、それがたとえ長期間でなくても、ドアを開けて元気な顔を見るまで「生きていてくれるか」が心配です。そして離れる時は「また生きて会えるよね」と、普通の表情で出かけるけれど毎回これが最後かも・・と、実は心の中では並々ならぬ覚悟のもとに出かけています。
書いていて(そしておそらく読んでいても)、こんなの変だなぁと思います。

犬との深い係わり合いのきっかけとなったテスとの別れがあまりに突然だったので、頭ではわかっているけれど、そう思ってしまう気持ちを抑えきれません。よほどショックだったのかもしれません。離れることが怖いです。

ただ反面「今、生きて一緒にいられる時間が大事。一生懸命向かい合って過ごそう」と考えるようになりました。日々の暮らしの中で起きる、それこそショーモナイことに、本当の幸せと価値があると思えるようになりました。

犬達が私達のところへやってくるのは、それぞれ何かを伝えるという使命を持っているからだとも言われています。

出会えたこと、そのものが幸せなんですね。
  1. 2008/08/26(火) 09:38:31|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おとろえぬ吸引力えぢソン

この段ボールの中には、ほんの数粒のフードがちりばめられています。フードさがし

特別ウマイものが入っているわけでもないし、めあたらしい段ボールなので、普段から「君子危うきに近寄らず」タイプのもにへは「なんだか危ない感じだしぃ・・」とばかりに腰がひけながら、箱をちょびっとのぞき、すぐに戦線離脱。はい、生物として正しい判断ですね(笑)。

一方のえぢですが、どんな小さな一粒も逃さないという気迫で、まわりがあきらめても、かまわずマイペースで探し続けています
探し中
こういった遊びをすると、最後の1かけらまで、残すことはありません。もうないと思って、しつこく探し続けるえぢをひっぺがしてみると、後には必ずちぃ~さなかけらが残っていたりします。あなどれません、えぢの鼻。えぢが、すばらしい吸引力を誇る世界のトップブランド・ダイソンの掃除機になぞらえるのが理解できます。

私がえぢに魅かれるのは、この好奇心と執着心です何?

新しいものが出てくると、まず、調べにいきます。腰がひけていても、足がブルブルふるえていても、バフバフ吠えながらでも、白目だしながらでも(笑)、それに勝る好奇心があるようで、その場から立ち去るという選択肢を選ぶことは、あまりありません。

そして、そこに自分の興味があれば最終目的を達成するまで、確認作業を続けます。今回のケースで言えば「箱にひそむフードの粒」ですが、対象はフードにとどまりません。「なんでこんなものに」と思うような物や時でも、えぢなりに理由を見つけると、固執します。

えぢの生き方。「アホ」と言ってしまえば、その通りかもしれません。でも私はそんな「アホ」なら大好きです。自然環境であれば危険が伴い身を引くべき時であっても、そしてまわりのみんなが何の関心を持っていなくても、そこに自分なりの価値と理由を見つければ、好奇心優先で前進してしまうえぢ。また、中途半端で投げ出さない、その執着心、言いかえれば頑固です。かっこいいです。

1度の人生。えぢのように、自分なりの夢とロマンを追いかけ続けていたいです。
  1. 2008/08/22(金) 09:23:24|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここは!?

ポーチの内側、そう、広々縦長途中間仕切り可能ドッグラン風(説明ながっ!)部分が、ついに完成しました。パチパチパチ~。

いくつかのフォトグラフと共に、その魅力をご紹介します!
*全長約20M(オリンピック金メダリストのボルトなら走って2秒)。
*ウッディな内扉を閉められるので、必要に応じて小さなスペースに区切ることも可能(ちびっこも安心)。
*ナイスなカラーのベンチやイスが計9個とテーブル4個でレッツ・ハブ・ア・ナイス・ティー・ブレイク!(オープンカフェと呼びましょう)。
ポーチで休むえぢ
*前面は、ヨーロッパを思わせるレンガ張り風遊歩道&ソヨソヨと風に揺れる木々とその根元に揺れる雑草(深い紅色と美しい緑色とのコントラストをお楽しみください)。
*ウッドチップを敷き詰めた部分では、犬達がウッドチップを拾い集めたりするかも(ほほえましいです。あ、レトリーブの練習も可能!?)。
*夜はムーディなライティングサービス(この人気スポット。ウワサを聞きつけた蚊などがやってくる可能性もあります。虫でお困りの場合、虫除けスプレーを持って駆けつけます)
デッキのルフト

今回完成したのは、このポーチの内側部分のみ。
るふとのとーちゃん、つゆだくならぬ、汗だくで頑張りました。

実は、まだ美化計画は続きます。
具体的には、フェンスのペンキ塗りとペンキ塗りとペンキ塗り・・・。
このペンキ塗り、思ったよりも重労働。
昨日は、遊歩道を歩く品の良い高齢の方から「偉いねぇ・・ペンキ塗りですか。何事も経験だから」と暖かい励ましのお言葉をいただきました。

写真でえぢが日干しになっている部分には、ビューティフォなサンシェード設置(できるかも・・)。
さらに、ポスターなどの充実ディスプレー。
また、少し先になると思われますが、アウトサイドだけではなく、インサイドの美化計画も密かに計画中です。

もちろん、お教室もパワーアップで進化中。

もう、横浜から目が離せません!
  1. 2008/08/20(水) 00:53:41|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新入り君

最近、本格的な撮影スタジオ化しつつある、えぢもねの居場所横浜。

先日宅急便でスチール撮影用のバック紙が届きました。
この新入り君の他にも、すでに白とグレー2本のバック紙、そしてクロマキーと呼ばれるグリーンの大きな布もあります。新入り君とあわせると合計4本の大きな巻物が、天井からつる下がっているのです!(いつか天井が落ちてくるのではないかと、ちょびっと不安に思ったりもしてます:笑)

実は、この新入り君、バック紙部分の利用とは別の目的で購入した(by るふとのとーちゃん)らしいのですが、ちょっとすてきです。

購入した日付なのか、外側に昭和59年と書いてあるのに、まず魅かれました。
うぁ~、計算ができないほど、長生きだぞ。
私たちのところに来る前に、この新入り君の前で、何人の人達が、最高の笑顔をみせたのでしょう。
それを考えただけでも、COOLなシロモノです。ご利益があるかもしれません。

早速、そんな新入り君を広げ、それまで野生の王国遊び(!)を繰り広げていた3名を呼び集め、撮影会をしました。(集合写真は、るふと家のブログにのっているので、そちらをご覧ください。http://neupapa.blog100.fc2.com/)

えぢのこんな写真と・・・
舌だしえぢぼ

もねのこんな写真・・・。
笑顔もにへ

紙にシワがあったりするけど、ライティングなどきちんとして撮影すると、この背景をもっと生かした重厚な写真が撮れそうです。

新入り君なのに、歴史を感じさせるヤツ。しばらく、このまま、バック紙として天井から吊り下げられていることになりました。

「この前で写真を撮ってみたいわ~」というあなた、「クロマキーの前で何か撮影してみたいわ~」というあなた(いるのか!?:笑) ぜひ、横浜へお越しください!
  1. 2008/08/17(日) 19:19:59|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。