あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつだろう・・・

最後にちゃんと「お休み」というお休みをしたのは。いつか忘れたけど、今日のお休みが、すごい久しぶりなことだけはたしか。あいにくのお天気だったし、何をしたわけでもないけど、なんだかとても嬉しかった。フツウに買い物行って、フツウにテレビみて、フツウにご飯作って、フツウに犬達と遊んで・・・。

ゆう

夕方から両親がやってきました。なんとゆうと一緒(写真の子。いちおうチワワらしい。かなり怪しい:笑)!

ゆうは1年ちょっと前に仕事で訪れた青森県の保護センターで「新しいおうち探してます」という子でした。ワークショップの時に、何頭かおうちを探しているわんこをハンドリングする時間があり、その時、出動はしてきてくれたけど、わんこの数がハンドラー数を上回り、余ってしまったのが、ゆう。しばらくの間、私が預かって一緒にいました。

一緒に遊びながら、なんで飼育放棄されたのかわからないくらい生活しやすそうだな・・と思っているうちに、ふと浮かんだのが両親の顔。そのしばらく前に28年間一緒に暮らしていたハルミちゃんという猫を亡くし落ち込んでいました。もう動物は飼わない、と言っていたけれど、私とえぢもねを見ているせいか、徐々に小さい犬ならいてもいいかな・・と言うようになっていました。そこからは一気に連れ帰る方向で動き始め、翌週再度訪れた時には、一緒に飛行機に乗って羽田に帰ってきたのです。

戻ってから健康チェックを受けてみるとパテラがありました。かたまってしまった状態ですが、跛行はありません。今痛みが出ているわけではないようなので、様子をみながらですが、そのまま暮らしています。また、去勢をしていなかったし、それまでの生活からトイレが上手にできませんでした。私も手伝いましたが、基本的には両親が頑張りました。今はトイレシーツでちゃんとできるので、問題ありません。

人が好き、他犬も大丈夫。状況を適切に判断し、ルール変更にも対応が上手です。両親から深い愛情を受けて、のびのび(笑)育っています。近所の人達や両親の家に来るお客さん達からも、とてもかわいがられているようです。空気を読むのが早いので、問題行動が出たりしないかな・・と最初の頃少し心配しましたが、そのあたりも含めて状況判断しているのでしょうね。両親とうまく暮らしています。

もねとゆう

今日は、久しぶりに自宅でえぢもねとフリーで一緒に時間を過ごしましたが、本当に良い家庭犬になっていたので安心しました。(いつウチに来てもいいよ~)

えぢとゆう


ゆう、よいパパとママができてよかったね。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 22:47:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この2ヶ月

犬達と

台湾から来ていたMちゃんが昨日帰国しました。2ヶ月の滞在でした。

最初は1ヶ月の滞在ということで来日したのですが、迎える前から本当に大丈夫かな・・という不安でいっぱいでした。
違う国、違う言葉、違う文化、違う食べ物、知らない人達・・・24時間、そんな環境の中で、Mちゃんはストレスにつぶされることなく、目的である犬のことを勉強していけるのだろうか?

自分でも経験してきたことですが、外国で生活するのは、そしてその環境に馴染むには、たくさんの努力が必要だと思います。また、受け入れ側も、気を遣うことだと思います。

ところがそんな不安は不必要でした。
というか、Mちゃんはそんな不安や苦労を私たちに感じさせませんでした。常に明るく、友達の輪を広げ、周りの人達を楽しい気持ちにしてくれました。犬達にも好かれていました。

おそらくMちゃんは、たくさん努力をしていたのでしょう。そんな環境の中、多くの人達が出入りする毎日で、もしかしたら生まれつき社会性や順応力が高いのかもしれませんが、やはりいろいろなことに気を配っていたんだと思います。

勉強も順調に進み、無事目標を達成することができました。本当に頑張ったと思います。Mちゃんは、とってもステキなコミュニケーターでした。見習いたいところが、たくさんありました。

2ヶ月も一緒に過ごして、お別れはさみしかったけれど、今後それぞれの場所で発展を続けながら、さらに交流を深めていけることを期待しています。

追記
Mちゃんが帰国した今、残念ながら本場!台湾料理は食べられませんが、私のニセ台湾料理なら食べられます・・。ぜひ、横浜へ(笑)!

  1. 2008/05/30(金) 23:59:05|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ずっと楽しく

ずっと楽しく

犬達は、失望とか無力感とかをどうとらえているのでしょうか。
犬の状態説明に学習性無力感や実験神経症という言葉を使いますから、「犬は考える生き物なのか」という議論はあるし、あまり感情的にとらえては本質を見失うかもしれないけど、百歩譲って、実際に「やっても無駄」や「あきらめ」のようなことは感じていると思います。

行動に問題が出てしまった犬達のカウンセリングや行動治療の場にいると、一番の理解者であるべき身近なオーナーさんと上手にコミュニケーションができなかったために、代表的で深刻なものとしては「咬む」ようになってしまったというケースに多く出くわします。そういった犬達が、自分のメッセージが伝わるような環境におかれた時に、まず驚いたような反応を見せますが、じょじょに「咬む」以外の方法で(多くは困る行動ではない)積極的にコミュニケーションをはかろうとしてくるのは、いつ見ても心が痛むと同時に、人間が犬のメッセージをできるだけ正しく理解できるように、そしてそれらを楽しく学べるような機会を作っていかなければ・・と強く感じる瞬間です。

「咬む」という困る行動でメッセージを伝える犬もいますが、はっきりと困った形ではあらわれないけれど、コミュニケーションがうまくいかないことから、「何をしても無駄」という失望感いっぱいで生活している犬の数は、さらに多いのではないかと思います。

10年から20年という長い年月を、そして貴重な時間を、そんな状況の中で暮らしていくのは、人も犬も辛いしさみしいことだと思います。

先日も不可解な行動・・としてえぢが草むらに座り込んだことを、この場でも書きましたが、最近時々車でのお出かけを少し躊躇するような様子が見られます。躊躇など見られなかった(と思う)以前のことを考えると、何かのメッセージなのかな・・と思います。

心身ともに元気で、いつまでも一緒に楽しく暮らしたいと願ってやみません。
一生懸命考えなくちゃ・・です。
  1. 2008/05/27(火) 11:39:52|
  2. コミュニケーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康チェック

保険に入ることにしました。犬たちの。
で、えぢ9歳7ヶ月、もにへ7歳6ヶ月。えぢの年だと保険加入には診断書(健康証明)が必要だそうで、昨日は病院へ行ってきました。
ついでなので、2頭とも血液検査など一連の健康診断をすませました。特に異常もなくひと安心。高齢になってくるとね・・毎回「特に異常はありません」と言ってほしくて、健康診断をやたら繰り返したくなります。強化の法則か。

今日から1泊の出張になるので、朝すこし寝坊して(出張と寝坊は関係ない、多分)、えぢもねをいじくりまわしました。この「いじくりまわし」が実は大切です。私がえぢもねをさわって気持ちがよいという自分勝手な理由だけではないのです!

頭から足や尻尾の先までグリグリ心を込めてさわることで、いろいろな変化を感じ取ることができます。

今日の最大の発見は、この写真!
足の毛


えぢの後ろ右足の毛の抜けているところが大きくなってる。歩き方に変なクセのあるえぢ。いろいろ検査をしたけれど骨に異常があるわけではありません。でも、普通に歩いていれば地面にあたる場所ではないので、変な歩き方がより変になっている可能性があります。もしかしたら、そのせいで、どこか体の別の部分に負担がかかっているかもです。後々体に何か変化があるかもしれないので、要注意!

こんな風に犬たちに触れ続けて数年。いくつか病気のもとになるかもしれない物や事を発見し、どれも深刻なものではなかったけれど、早いうちに処置ができました。

子犬のうちから体中に触れるようにしておくことは、とても大切です。犬も触られることに慣れ、単純な日常のケアから調子が悪くなった時の治療などにも役立ちます。そして、リラックスした顔も見られるという特典つきです。

気持ちいいえぢ

これ、えぢ。
この私の人差し指から親指くらいの一帯が「キモチいい」スポット。軽く指先を立てるようにカキカキすると、首を上に向けグッと伸ばして目を細めます。

気持ちいいもにへ

これ、もね。
怖いんだか、かわいいんだか・・・変な顔シリーズに入れたいくらいの写真が撮れてしまいました。

明日の夜まで、えぢもねいじりはお預けです。
  1. 2008/05/25(日) 08:24:41|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

快適に過ごす工夫

すとらいくぞーん

昨日まで3日間関西方面に出張に出かけていました。
移動する日は台風の大荒れ天気だったのですが、途中から晴天に変わり、その後は夏に向かってゴーな感じです。

寒暖の差に敏感な私。一年のうち「さぶっ」とダウンジャケットを着込み、ヒーターの前に丸まっている日と、「あつっ」とできるだけ薄着になり、エアコンばりばりの部屋に入り込んでいる日が、かなり多いです。が、この数日は、そのどちらにも属さない陽気で、快適に過ごしています。

そんな気候も犬達には暑いようですね。

えぢは、もはや明け方気温がさがっても私の布団にいれてくれとやって来ることもなく、日中も身体を丸めることは少なく、できるだけ伸ばし、どろ~んと寝ころがって時間を過ごすことが多いです。外では、黒さが熱を吸収するようで、舌をべろ~んと出して体温調節することが多くなりました。

もにへは、さらに大げさです。ほんの少しの移動にも、口をいっぱい開けてハァハァと舌を出しています(健康状態は良好です)。寝姿もびろ~んと広がり、おなか丸出しという、人様にはお見せできないようなスタイルにチェンジです。そして起きている時も、板張り部分やそれまでヒトケのなかった冷たい部分を選んで、バタッバタッと倒れこむように滞在場所を変えています。

いずれも近代的な機械や洋服に頼らず、自分で調節しているのが、私より偉いです!

さて、そんな2頭と、冒頭に書いたように、出張のため約3日離れて過ごしました。3日間の出張中も、常に「えぢもねはどうしているかなぁ・・」と思い出しては、私はさみしく思っていましたが、おかげさまでえぢもねは元気に過ごしていたようです。よかった!

昨日は台湾からお勉強に来ているMちゃんが、えぢもねを洗ってくれたそうで(出張前には一緒にあちこち出かけていたため、相当汚れてました)、再会した2頭はとっても良い香りがしました。ありがとう、Mちゃん!
  1. 2008/05/23(金) 11:43:44|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。