FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あきらめない!

新しいカラー

執念深い・・というと、ちょっとこわいですねぇ。
あきらめない・・というと前向きか(笑)。
えぢってどんな犬?と聞かれると、こんな風に答えます。

とにかく「自分の望むもの」をゲットするまで、あきらめずにチャレンジを繰り返します。ここでいう「自分の望むもの」が、えぢにとってのごほうびになるわけです。

時にはフード一粒、時には遊び、散歩、寝場所、行きたい場所への移動、私の食事中に落ちてくる(かもしれない)オコボレ、私からの注目、ポケットに入っているおやつ、クリッカー遊びなどのコミュニケーション時間などなど。

どうやってゲットするか、常に作戦を練ってます。幼少(笑)の頃から、そんなだったのですが、まだ作戦にバリエーションがありませんでした。そして私は犬がそんなに策略家になれる(!)は、まだよく知らなかった頃のことです。当時の作戦は「吠える」がメインでした。いわゆる「要求吠え」です。これに無垢な私は相当苦労させられました。

今でも「吠える」作戦は使いますが、それほど有効でないこと(つまり自分の望むものをゲットする確率が低いこと)に気づいてからは、より巧妙になりました。オスワリやフセをして、ひたすらジィーッと私を見つめる。鼻先でツンと私をつついて、自分の望んでいるものの方へサッと移動する。ちょうど手の届かないくらいの位置で、小さくキューンと聞こえるような声を出してみる。隣で大きくため息をついてみる。私の身体に手をかけてみる。机の上のものを、欲しいわけでもないのに、盗んでみようとする。

私も、その後、なんで犬はこういったことをするのかが知りたくて、いろいろ勉強してきました。なので、えぢの望んでいることを知るコミュニケーションとして楽しんで、あえて「そっか、そっか、わかったよぉ」と要求をのむ(笑)こともあります。そしてあまりにかわいい(あぁ、親ばか)作戦の場合には、喜んで要求に応えることもあります。当然ですが、行動の法則からいえば、その作戦(えぢの取る行動)は、成功の確率が高くなるわけですから、定着します(強化されます)。

トップにある変な顔なえぢの写真。昨日、夏の新柄として購入したおニューのカラー&リードをつけて撮影したものです。リードをくわえた姿、しかも色や柄がわかるようにしたかったので、何度も撮影をしたのですが(ちなみに撮影をしてくれたのはHさんです)、

そんな執念深いあきらめないえぢですから、えぢがごほうびと思っているものを、きちんと差し上げる(笑)ことができれば、こちらのしつこいお願いにも応えてくれます。

人間も犬も「あきらめない」という姿勢は大事ですね。最近ちょっと弱り気味な私なのですが、えぢから学ぶこと多いです。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) 10:40:19|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aiming for the best of me and my dogs

行ってきました。JKC春の訓練競技会。
今回も喜び・反省など盛りだくさんです。
やはり出てみて、体感することが大切だと思います。

えぢもね(車)


結果からです。えぢはCD1のリベンジ。前回ジャッジに吠えて(私が吠えさせて)しまい、SGでの合格はいただきましたが、とても納得のいく内容ではありませんでした。今回は前回の反省をふまえ、事前のコンディション作りからです。試験会場(リング)の前には待ち列ができていたので、その時間を有効に使うことにしました。周りはえぢの苦手なものだらけ。吠える犬達、白っぽい大きな犬、走り回る子供達、前回吠えるきっかけとなった(今日は朝は雨天だったので)レインコートを着たジャッジ。

その中で、ちょっと油断すると背中の毛が立ってウホウホ吠えたい顔になると、食べるもので口封じするのではなく、単純に「だめ」と伝えました。その代わり、そういった苦手なものに対して吠えなかった時には、えぢの大好きなトリーツをあげたり、ゆっくりと撫でたり声かけをして、その状況で私がえぢに「望んでいること」と「望んでいない」ことを明確にしたつもりです。

そこで時間を過ごすうちに、場所に慣れたのも手伝ってか、次第に背中の毛が立つことが少なくなり、それに従い、トリーツを出す回数を減らし、撫でるごほうびに変えました。えぢの場合、トリーツを使うと良くも悪くも興奮につながってしまうからです。

リングに入るときから、明確にしてほしいことを伝える作戦をとりました。まず最初の難関になるかもしれないジャッジに吠えてしまうことがないように「ついて」「まって」などです。かなり落ち着いていたので、そのままでもいけるかもと思いましたが、冒険はしませんでした。

本部えぢ


ひも付き脚側では地面の匂いをかぐこともありましたが、その他は、私の中のえぢ基準ではベストを尽くせたと思います。腰が崩れてしまうオスワリやフセを指摘されましたが、えぢは足に問題があるので、私はその形でOKにしています。結果47.5点のV合格。点数やグレードはあまり関係ありません。私とえぢが頑張って、2人のベストを尽くせたことが本当に嬉しかったです(感涙)。

さて、もにへ。こちらはいけませ~ん。前回はわりとよかったので今回も大丈夫かもとコンディション作りに集中しなかったこと、えぢの後だったのでホッとしてしまったこともいけなかったのでしょう。紐なし脚側のリードをはずした瞬間、もにへの頭が下がって地面の匂いをかぎ始めたので、「あ、これはだめかも」と思いました。

たまにここでも書いていますが、もにへは多くの人からの注目を浴びるのが、あまり好きではないようです。ギャラリーの多い本部展では、それがはっきりあらわれました。もにへが向かう方向によって元気度合いがまったく異なります。ギャラリー向きのものはドナドナ。元気はないもののギャラリーから遠ざかるものや背を向けて行うもの、たとえば常歩行進中のフセ、オスワリ、タッテや、遠隔のオスワリからフセなどは、かなり確実にできました。ギャラリーに向かってる時に、ドナドナ遅れがちなところは、たっくさん手助けを出してしまいました。点数は90.2。

ドナもね


「あんなで競技に」と思われた方もいたかもしれません。いろいろ犬のことを語るお仕事をしているので「もっと上手にハンドリングできるはず」「口ばっかり」と思う人もおそらくいるでしょう。公の場でうまくいかないことは、私自身も恥ずかしいし悔しいし焦りも感じます。

ただ、それは犬のせいではなく、自分の対処の何かが間違っていて犬達に上手に通じていないからだと思っています。そしてえぢもねは私と一緒に暮らす大事なパートナーだから、その「何か」の部分をきちんと理解して改善していきたいのです。競技会という場でなくても知ることはできるのだと思いますが、普段はなぁなぁになってしまいがちです。

私自身が緊張している中で、えぢもねとベストの出来だったと思える瞬間があれば、それがどういう点数で成績だったとしても、チャレンジはおしまいにするかもしれません。
そんな瞬間を感じられるまで、正直他人の目が気になってしまうし辛いけど(苦笑)、頑張ってみようと思います。

次回は6月半ば。えぢとのCD2の試験チャレンジは未定ですが、もにへとはチャレンジします!
えぢもね、今日もありがとうね。

(長い文章をダラダラと、ここまでおつきあいして読んでくださった方がいたら深く御礼申し上げます!)
  1. 2008/04/27(日) 23:36:53|
  2. チャレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

あぁ、お留守番

留守番
暖かい春の日、先日もにへと前橋までお仕事に出かけました。
あまりに気持ちのよい天気だったので、えぢも一緒に連れて行ってあげたいなぁ・・・とすっご~く思いました。

ただお仕事の部屋まで一緒に入ることができない場所だったので、お仕事中は車の中で留守番になってしまいます。最近の暑さだと、もう危険です。自分の中の感情バリバリなえぢまま部分と理性を優先させるお仕事するヒトの間で揺れる気持ちと戦いながら、えぢは置いてでかけました。

もにへは楽しそうだったなぁ・・。お仕事先で、みんなにごほうびをもらったり、たくさんかわいがってもらいました。ホタルがいるという池の周りをお散歩したり。

そんなもにへの姿を見るたびに、えぢのことを思い出します。
「えぇ~ぢぃ~、一緒に来てたら、あんな楽しい顔してたんだろうな(涙:いや、泣きはしませんけどね)
多頭と暮らしていると、こんなことに心を痛めるのが嫌で、いつもみんな一緒に行動してまうケースも多いのでしょうね~。

長い目で冷静に考えれば「人間は1頭1頭との関係をきちんと作るべし。そのためにも、あえて、時には別々に過ごす時間も作るべし」です。ずぅ~っと一緒に過ごしてきたために、後から行動的または感情的な問題がでてきてしまうケースは、実は多頭の場合にはとても多いです。

こんなところにも、「感情と理性のすみわけ」がぁ!!

前面に出てくる犬を愛する感情をグッと押さえ、犬達の末永い精神・感情の健康を思うと冷静に考えることが大切です。そして「やきもちを焼かないようにねぇ」などの感情的な見方とは異なりますので、対処する時に注意もしなければです。

犬の視点から考えて「他の犬だけ出かけることもあるけれど、見送って(出て行く姿を見る)留守番(一人の時間をすごす)にも楽しいことがある」と伝えていければ、一人だけのお留守番も受け入れられるし、むしろ楽しんでさえくれます。

帰宅した私ともにへを迎えたえぢはご機嫌で、喜ぶような素振りをしつつ、実はいつもの「私のポケットにウマイモンが入っていないかチェック」にいそしんでました。

さぁ、あと取り組むべきは、私の心の問題だ(笑)!
  1. 2008/04/26(土) 00:10:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引越しました

FC2.jpg

今日からこちらへ引っ越してきました。
以前のところに引越し案内を書いたまではよかったのですが、今度はこちらで「引越しごあいさつ」を書こうと思ったら・・・「あれ!どうやって記事書くの?」。
いやぁ、慌てました。
と、こんなですが、今後ともよろしくお願いします。
  1. 2008/04/25(金) 01:03:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハナミズキ

ハナミズキ2
日中暖かかったので、なんだかのんびり日和と思い、えぢもねと庭に出てみました。
この季節は庭の姫りんごとハナミズキの花が咲きます。

えぢもねが小さかった頃のことを思い出しました。

えぢは特にいたずらで、庭に穴をガリガリ掘ってみたり、狂ったように走り回ったり、せっかくきれいにした花壇をめちゃくちゃにしたり・・・。一度は、植えた小さな葉牡丹を引っこ抜いて、くわえて走りまわり、あげくのはてにはクチャクチャ食べてしまって(笑)。だめ~!と追っかけまわしたこともあり、悪い子なのに、いたずらする姿がかわいくて大笑いすることもしばしば。

もねはなぜか困難に立ち向かうのが好きなようで、わざと狭い植え込みに入り込んだり、低いところに潜りこんだり、常に全力疾走な感じで、チャレンジャーだったなぁ・・・。

ハナミズキ1


そんな2頭も大人になったのですねぇ。庭で横になったり、風の匂いをかいだりしていました。当時はのんびりしようにも大騒ぎで終わってばかりでしたが、今なら、みんなで本当にのんびりと過ごせます(笑)。

みんなで一緒に姫りんごとハナミズキを見てのんびりできる年が、あと何回あるかわかりませんが、毎日毎日が大切です。
  1. 2008/04/20(日) 00:08:08|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。