あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大切に

monet1.jpg

今日は広島にいます。
えぢもねは友人宅にお泊り中。

大好きな犬のことをお仕事にしたら、皮肉なことに自分の愛犬をお留守番させて出かけることが多くなってしまいました。しばらく毎週お仕事お出かけが続くので、週末は一緒に過ごせないなぁ・・と思っていたのですが、今日急にスケジュールに変更があり、別々にすごすはずだったお盆の週末を一緒に旅することができるようになりました。嬉しいぞ!

そんな風に考えるべきではないのでしょうけれど、年齢が高くなってきた犬を見ていると「あとどのくらい一緒にいられるのだろう」と思ってしまいます。一緒にいられる間に何ができるだろう、何をしてあげられるだろう・・・。一緒にいられる時間を大切に、そして、楽しく過ごしたいです。

(写真はおもちゃ噛み噛みのもね。離れていると悪ーい顔が思い浮かびます:笑)

スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 23:36:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くろらぶ いっぱい

黒らぶ(前)


オフィスの黒らぶ達集合です(本当はあと2頭います)。

オフィスにわらわらといた黒グループを見ていたら急に写真を撮りたくなって撮りました。
こんななんでもないショットに見えるけど、全員の集合写真は結構むずかしいです。
一人をセットすると、一人が動いたり。
他犬と微妙に距離をあけたり。
目線が合わなかったり。
後ろに周ると振り返ってしまったり。

仕事の合間には息抜きも必要。


黒ラブ(後)


ミニ黒ラブオフ会みたいで、短時間だけど盛り上がりました。楽しかった。

みんなで写真を撮ったけど、それぞれみんな「うちの子が一番!」と思ってるんだろうなぁ・・。
でもやっぱりうちのえぢが最高かな(笑)。
うひひ・・かわいい。

(後ろから撮ったショット&正面ショットだす)

  1. 2007/07/26(木) 01:35:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日につながる・・・?

明日につながる
今日は犬以外の動物のトレーニングをしている方たちとお会いする楽しい時間がありました。同じ目的のもと、知的意識と好奇心の高い仲間と話せると本当に楽しいです。時間の経つのも忘れてつい長居をしてしまいました。

そんなお話の中、「トレーニングは良い時にやめるべきだ」という話がでました。
そういえば、勉強している中で何度となく聞いた言葉です。そしてそれが正解と思って、自分でもそうしてきたけど、よりたくさんの犬たちを見ていく中で徐々に考えが変わったのを思い出したので、せっかくだから書いておこうかな・・と。

報酬を使った動機付けによるトレーニングでは、報酬が出る出ないを、動物の学習ベースにしています。望ましい行動には報酬が出る、そうでなければ報酬が出ないということです。だから学習する時間が楽しくなるし、それ自体がご褒美になるはずです。

例えば、トレーニング・セッションとして何かを学習しているなら、そしてそこで適切な報酬が出ているなら、犬にとっては楽しい時間(ごほうび)になっているわけで、例えばトレーニング中に最高の出来をみせて「あぁ、よく出来たからこれでトレーニングをやめよう」ということになると・・・ほら矛盾が。

本来よくできた行動に対しては報酬を出すのがこういったトレーニングのはずなのに、実際にしていることは(または勧められていることは)、よい時にやめるだと、本来報酬を出すべきなのに、報酬を取り去ることになってしまい、「正の強化」ではなく「負の罰」になる可能性があります。

こういったトレーニングに慣れていること(動物が報酬が出る出ないの意味を理解してること)や、その時点での飼い主さんとの関係なども考える要素として無視できないので、すべてにあてはまるとは言えないと思いますが、トレーニングレベル(コミュニケーションレベル)が進んできて、伸び悩んでいたりする場合にはこういった可能性も考えてみる必要があるかもしれません。

えぢは本当にトレーニングが大好きで、やめることがどんなに悲しいのか、やめた後も続けたいという意思を、トレーニングしていた場所にいついて粘る・・という形でアピールします。「おしまい」と言ったら、もうおやつは出ないし、終わりということを伝えてはいるのですが、あきらめきれないのでしょうね。アンコールの後の拍手のように、ずっとねばってます(笑)。こんな子には、「トレーニングの終わり=もうごほうびがでない」の悲しいお知らせですから、まさに報酬がなくなってしまう状況ですよね。

(写真はそれまでボーっと寝ていたえぢが、クリッカーを持った私の手を見た時!)

  1. 2007/07/25(水) 01:23:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tタッチ


debby2[1]
今、Tタッチのデビー・ポッツさんと一緒のお仕事です。
もう何度目のご一緒か忘れたけど、私達の共通点はうまいもん(特に和食)好きなとこ。
どこへ行っても、どんなに疲れても、仕事の後の、うまいもんでハッピーになれます。

トレーニングは・・と控えている人も、愛犬をリラックスさせてあげたい、何か愛犬のためにしてあげたい、となどと愛情たっぷりな方達に、Tタッチは特に人気なのだと思いますが、犬とのコミュニケーションを別の角度から見られる良いスタートです。

トレーニングという言葉のもつ響きから、犬に何かを強要するのではと敬遠している方もいらっしゃいます。でもTタッチの概念を通して、最新の理論ベースのトレーニングは、犬に何かを強要するのではなく、犬をより深く理解するための方法を人間が学ぶことだと、トレーニングというものについても再考するきっかけになっているようです。

食事、健康、精神。人間も一緒だと思うけれど、どれもバランスよく保ちたいです。
(写真はTタッチを受けているもにえちゃん。気持ちいぃ~な顔)

  1. 2007/07/21(土) 23:28:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きっかけ

tess_001.jpg
私が今こうして生きているきっかけになったのは何だろう。
振り返れば、何度か節目になっている時がある。

英語を話したいと思ったのは、中学生の時に聞いた当時から活躍していた通訳者・鳥飼久美子さんの講演がきっかけ。英語とふれていることが、とにかく楽しくて、ひとつでも新しい言葉を知ることが嬉しかった。知らない国の人と話をたくさんする仕事に就けて、とっても幸せだった。

イギリスで生活をしていて犬と暮らすようになった。
初めて犬と真剣にコミュニケーションをとることの楽しさを教えてくれたのは写真のテス。
(テスのお話はこちらにあります。http://www6.plala.or.jp/happypaws/
この時もとにかく楽しくて、そして今も楽しくて・・・。

いくつかの節目に良い出会いを持つことができ、私は「コミュニケーション」の楽しさに気づき、まっすぐ進んで来られたから幸せだ。

今、こういった良い出会いがベースとなって、本当に世界が広がっていってる。
こんな時間に、こんな場所で私が感謝しているとは、鳥飼さんは知る由もないし、もう天国に行ってしまったテスにも、撫で撫でしながら感謝の気持ちを表すことはできないけど、本当にありがとう。

  1. 2007/07/20(金) 01:52:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。