FC2ブログ

あんなえぢもね・こんなえぢもね

私と一緒の時間を過ごしているえぢともね。日々の暮らしの中で気づいたことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ばど美グラビアデビュー!~楽しく撮影に臨むため~

ばど美がついにグラビアデビュー!

一緒に暮らして4年になりますが、うちに来た頃はこんな素敵なチャンスが巡ってくるとは思ってもいませんでしたよ。
「女性自身」誌の長い歴史の中でもインコがグラビア3ページ渡って登場するのは初めてなのではないでしょうか(笑)

発売
(8月19日発売の女性自身)

企画を進めてくれたのは、ばど美と私が制作のお手伝いをし、現在も好評発売中である「インコ芸&おしゃべりレッスンBOOK」(日東書院本社)のライターKさんです。インコの行動やトレーニングに理解を示してくれるKさんとのお仕事はいつも楽しいっす。

企画の成功も大事ですが動物に負担がかかる仕事となってはいけません!今回もばど美がリラックスしてノリノリでできる環境を整えるにはどうしたらよいか、というところからスタートしました。

通常は「目新しいもの=怖い」となりがちな鳥達。これまでの社会化とトレーニングで「新しいもの=楽しいんじゃないか?」なばど美でさえ撮影を楽しめるための準備期間をたっぷり(一ヶ月弱あったかも)とってもらいました。

企画がGOになるとすぐ、撮影小物を集め始めました。いち早くばど美がなれて、それらの小物を対象に一瞬芸ができるようにトレーニングを進めるためです。

ポスト最初
(ポストを最初に見た時、自ら近寄って興味は示しているもののホッソイ:笑)

今回も主にクリッカーを使いました。私自身、ルアー(誘導)による方法も使わないわけではありませんが、やはり自発性を大切にしたクリッカートレーニングが、こんな場合にもむいています。新しいものに一瞬驚くけれど、これまでの経験から対象物克服をエキサイティングイベント(遊び)ととらえているばど美は、毎日のちょっとした練習時間が楽しそうでした。

片付けおこる
(道具をしまう時は不服そう。練習の終わりは悲しい知らせ。楽しいトレーニングの特徴です)

そしてもうひとつ、クリッカートレーニングの良い点は教えた行動だけでなく、インコが自分で考えついたクリエイティブな動きも見せてくれる点です。例えば、こんなもの。

枝豆
(撮影現場で出た枝豆の皿くわえる行動)

ビールを飲んでいるようにグラスに口をつける、持ち手部分を触るなどは事前に練習した動きですが、当日初めて見た枝豆の皿をくわえる行動には、居合わせたスタッフ全員大笑い。これはもともと予定していたショットではないので、ボツになるかもと思っていましたが採用になったようです。こうして見ると酒飲み過ぎ、酔っ払い感大ですね(笑)。

そんな、ばど美にも苦手があります。
足場となる床材。いつも慎重です。どの足場を使うことになるかわからないので、可能性のある床材は早めに入手して、その上を平気で歩けるように練習をします。

平気でいられなければ、その上で自信を持って一瞬芸をするのは難しいです!写真はシビアですから、怖がっていたり自信がなければ見ている相手にすぐに伝わります。

今回大失敗したのが、たいてい目の前(ケージの中にいる状態)で、新しいものを袋から出してゴソゴソしても大丈夫なばど美なのですが、いろいろな場面で使おうと思っていたスダレを出した時のばど美を近年珍しく驚かしてしまったようです。あちゃー!

ほっそーくなって、ケージのすみに寄って、疑い深そうな目で、そのスダレを見つめ、ケージ越しなのに絶対に近寄ろうとしません。しばらくそばに置いておけばなれるかと思ったけれど、もう食事もとらないくらいの(あの食いしん坊が!)レベルでした。

「まいったなぁ~。もっと気をつけてあげればよかった」と反省しつつ、大好きなトレーニングや食事の時間にあわせて、少しずつ距離を縮めました。おかげで一週間もすると腰は引けながらも、いろいろ動けるようになってきました。

すだれ
(かなり克服した後。得意な行動をスダレの上で行うことで、スダレへの苦手意識を減らすプロセス)

いったん克服してしまうと、もうまったく気にしなくなるばかりか「克服した!」という気持ちからなのか、かえって好きになってしまうケースが多いです。今回のスダレもすっかり自信満々でスダレを下に敷いて足場にしようが、壁材にしようが気にしなくなりました。

ビールセットで
(撮影に備え小物をいろいろあわせて普段どおりに振舞えるか確認!いい感じ)

もうひとつ心配していたのが「すし桶での水浴び」です。水浴びは完全にリラックスしたような状態でなければ通常しません。いくら以前会ったことがあるカメラマンさんやその他スタッフでも、撮影器材や複数の人間がいる中での水浴びは無理かと思っていました。

そんな懸念を事前に話すと、撮れない写真は無理して撮らなくも良いとのことだったので、私自身も構えることなくいられたのがよかったのかもしれません。体が濡れてしまうので、後のほうにまわしていたショットでしたが、背景準備と風呂桶の用意をするが早いか、入り込むが早いかのスピードで、即入水(笑)。

風呂
(びっくした、ばど美の大胆さ:笑)

雑誌に掲載されているばど美の姿で、当日の撮影現場がいかにリラックスしたものだったかがわかっていただけると思います!

D.I.N.G.O.で一貫してすすめてきたタレント犬トレーニングのノウハウは、そのまま鳥の撮影にも活かされました。

とかく「ミーハーまたは辛いきつい」と思われがちなタレント動物のトレーニング。

大先輩であるアン・ゴードン(D.I.N.G.O.のオープニングイベントでタレント犬トレーニング講師としてアメリカから招聘した二代目ベンジーのトレーナーでありエア・バディなど多くのハリウッド映画を手がけた人物)が強く語っていた事。

「動物撮影は決して動物に負担をしいるものであってはならない。動物も人も撮影を楽しめるように普段から科学的で人道的なトレーニングをしよう。そのために動物の事を知らない撮影スタッフがいるなら動物のニーズやその他必要な事を、その人たちに知らせるのは動物トレーナーであり、動物を守る立場であるあなたの責任である」

今でも大切に守っているつもりです。そんな気持ちを込めて、今回のばど美の作品(お仕事ぶり)を今も友人であるアンに届けるぞ。

可愛いらしい(たしかにかわいい。親ばかとしてはもう手放しで喜んでいる:笑)姿の背景に、そんな思いも詰まった作品です。タレント動物のトレーニングに興味のある方は特にそんな別の楽しみ方をしていただけたら嬉しいです!

まだ売ってると思うので、皆さん見てみてね~。
テキストもかなり笑えるよ!

スポンサーサイト
  1. 2014/08/20(水) 16:48:22|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

バード&スモールアニマルフェアでのデモ ~鳥達にとって楽しい経験にするための準備~

8月9日と10日はさいたまスーパーアリーナで開催されたバード&スモールアニマルフェアでクリッカートレーニングセミナーを開催しました。

1日1回50分。たくさんの来場者のある大きなイベントですが、犬の世界ではポピュラーなトレーニングも、鳥のイベントでは(そもそもそんなに多くないし)どんな風に受け入れられるのかと、まさに不安と期待が入りまじりです。

セミナーが始まる時間になると、そんな心配はどこへやら!セミナー開始前から扉の前にはたくさんのお客様が並んでくださって開場とほぼ同時に満席。そして立ち見で聞いてくださる方までいらっしゃいました。

「トレーニング」というと厳しい訓練のようなイメージもあり家庭の鳥には・・というご意見も耳にする中、楽しく遊びながらできるクリッカートレーニングに関心を持ってくださる方の多さに驚くと同時に、とても嬉しかったです。

フェア会場
(当日の会場です!)

セミナー

ばど美のクリッカートレーニングDVDと制作のお手伝いをした、現在好評発売中の「インコ芸&おしゃべりレッスンBOOK」(日東書院本社)もご紹介させていただきました。すでにお持ちの方や当日お買い求めくださった方も。

さて、実際のセミナーですが、話はクリッカーの基本となる理論と使用時の要点だけに絞りこみ簡潔にまとめ、フェイストゥフェイスならではのデモンストレーションをお見せしたいと思いました。

そして、今回のテーマ「デモを鳥達にとって楽しい経験にするために!」です。

犬達と一緒のお仕事でもそうですが、クリッカートレーニングの楽しさや正しく使うために必要な事をお伝えするために、そして何より大事にしているのは一緒に動くパートナー達がストレス少なく、「褒められるわ、おやつが食べられるわ、拍手されるわ」などの楽しい事満載の経験にするために、数日前から準備をします。

第一に考えるのは健康。いつもに増して排泄物の状態やご飯食べる具合や元気度チェックをしっかりします。睡眠時間も
たっぷりとれるように。

フェアばど美
(デモ慣れしているばど美でも、事前準備は怠らないよ)

そしてデモンストレーションする予定のものを軽くおさらいしておきます。やりすぎると疲れてしまったり飽きてしまったりするので、エクササイズ内容を思い出し、当日自信をもってできるくらいの状態でおしまい。

練習過程を見せるものに関しては、鳥達が「考える」様子を伝えるのが目的なので、対象となるものに慣らす程度にとどめます。知らない場所でまったく初めてのものを見て怖がらせるようなことがあってはいけません。興味を持つ程度にしておけば、「お!あれが出てきた」という状態から始められます。

デモンストレーション会場では鳥の逸走などの事故がないように、主催者や会場担当者と安全のための打ち合わせもしっかりしておきます。当日会場入りしてからの控え室や雰囲気ならしのための場所も確認しておきます。

実際にセミナーが始まると、話をしながら鳥の様子を観察しています。落ち着いているか、怖がっている様子はないか。数羽連れていってる場合には、会場の雰囲気を見ながら、どの子なら一緒に楽しくできそうかなーなども。

こういったいろいろな準備をするので、楽しいイベントとはいえ、無事に終わると心地よい疲労感ではありますが、もう芯からグッタリです(笑)。

今回はセキセイインコのポリーちゃんとコザクラインコの翡翠君が、デモンストレーションのお手伝いをしてくれたのも、とても嬉しかったです。鳥のためのクリッカートレーニングとしてセミナーを始めてから2年弱になると思いますが、大きな舞台で一緒にデモをしてくれる仲間が、こんなに短時間でできるとは思っていませんでした。本当に心強いです。そして、これからこういった仲間が増えそうなのも楽しみです。

フェアポリーちゃん
(心強いデモ仲間。芸達者のポリーちゃんとママさんは素敵なペアです)

セミナーを聞いてくださった方から「実際に見てみたらわかりやすかった。早速おうちの鳥さん達とやってみたら上手くいった!」といった内容のメールやメッセージなどを複数いただきました。がんばってよかったねー!と鳥達と喜びあえる瞬間です。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!
  1. 2014/08/15(金) 10:17:34|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「インコ芸&おしゃべりレッスンBOOK」が発売になりました~

前回に引き続き、今回も先日制作のお手伝いをさせていただいた「インコ芸&おしゃべりレッスンBOOK」のこと。

おかげさまで、元気に発売開始となりましたよ。
多くの方に読んでいただけているようで、Amazonペット一般の本のベストセラーランキングで1位にもなりましたー。
いぇーい。
ランキング
(ランキングは1時間ごとに更新されてるようです。リアルタイムのものは、ここで見られますよ

本の制作過程は実は非常に楽しく毎回異常ともいえるハイテンションで進んでいました。
打ち合わせ段階から絶えないおしゃべり。

まずライターの木村さんは私と同じ大学の同窓生。
(本人の名誉のために・・かなりの後輩です。いや、そんなでもないかな:笑)
そしてカメラマンのHさんは、豪快なキャラしかし抜群の写真センス!
「こんな表情だといいんです」とお願いすると、瞬間を逃さずしっかりおさえてくれる。
動体視力が優れているのか、きっとクリッカートレーニングも上手だろうな・・と思いました。

さて、そんな3人が寄るのですから、ちょっとでも気を抜くとすぐに話題を持ってかれます。そのまま脱線脱線また脱線・・。
笑いながらも話題(というか本筋の打ち合わせお題)に戻してくれるのは木村さんでした。ありがとう、木村さん。

「楽しい!は最大の行動の動機である」。

ばいばい
(本の表紙と同じ動作してみた)

この本は、まさに製作過程からその動機に真っ向から突き刺さってくる関係者の顔ぶれでした。また実際の本の内容も、これまでのさまざまなインコ(または鳥全般)の本にはあまりなかった、全体を通して鳥さんとの新しい楽しみ方の提案という事で大変気に入っています。

トレーニングは言葉上は訓練となりますが方法は本でも紹介しているとおりで、まさに楽しいコミュニケーションの時間です。ちなみに「ばど美先生:笑」はトレーニングを終了しようとすると目を三角にして怒ります。
そう。楽しいことが終わるのが残念なんですね。
今は亡き愛するえぢも、トレーニングの終了が大嫌いでした。

カインと本
(本の中のレッスンページには病床から復活したカインも載ってるんだ)

楽しい事は繰り返したくなり継続します。そして広まりやすいです。
正の強化、まっしぐら。

楽しくハッピーにいきましょう!
  1. 2014/06/25(水) 23:39:43|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「いいとも」に出たぞ

「笑っていいとも」って知ってますか?
というのが愚問なほど、ほぼ全国民が知っている人気長寿番組。

先日、この番組に、もにへと出演ました。
金曜日の「ドヤテクZ」というコーナーです。
びっくりするような芸を持っている人が出演するコーナーで、そこに人じゃないけど、もにへも出ました。

テレフォンショッキングとか見てると、「祝・ご出演」とかいうお花がきてるので、きっとこの番組に出演するのは、おめでたいことなんだと思う。

おめでとう、私ともね・・・。

控え室で。
いいとも
ご覧の通り、広くはないけど、冷房をガンガン効かしてくれてるので、犬達には快適温度です。
出演者のもにへよりカメラ目線なえぢ。

出演中のTV画面の様子。
いいとも1
タッチライトを点けるもね!
(photo by あいちゃん:ツイッターの鳥友達です)

どんな一瞬芸がよいのか考えました。
ちょっとマジメな話になりますが・・・。

タレント犬のトレーニング観点から考慮すべき要素:
生放送、お笑い番組、ステージという慣れない場所、観客いっぱい、持ち時間短し

つまり、相当身についたトリック(それをすることじたいがごほうびになるくらい自然にできるもの)でないと、環境不安に負けて、できなくなる可能性があります。
また、いろんな不確定要素(突然の物音、大きな効果音、拍手、大勢の人の笑い声)があるので、そのたびに、徹底的な「良い関連づけ」をしておく必要があります。A=B。パブロフさんのやつ。

会場に入り、オーディション、リハーサル、本番直前、終了後、ずっと通して、パブロフさん理論を守りました。とにかく環境を怖がらないように、嫌いにならないように、楽しい経験で終わるように!が目標です。これさえ、クリアすれば、得意なトリックを選んでいるので、難しい環境であっても成功するはずです。

で、なんとか無事に本番終了できましたよ。

こんなことでもなければ新宿のど真ん中になんて、えぢもねと行かないので、会場のアルタを出た後、車を待つ間、写真を撮ったりしました。
いいとも3

待っている間も、さすがにあの場所で大型犬2頭は珍しいらしく、たくさんの人から声をかけられました。

スタジオ内での出来事はエキサイティングだし、たくさん楽しいことはあるしで、えぢもねともに終始ご機嫌でしたが、さすがに疲れたのでしょう。帰りの車では爆睡でした。
いいとも2

えぢもねと一緒に、またひとつ楽しい経験ができました。
ありがとうね。
  1. 2011/07/10(日) 01:16:04|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クライブ・ウィン博士との12日間!

クライブ・ウィン博士来日に関する一連のイベントが終了しました!
12日間に渡る滞在中、ほぼ毎日一緒に過ごしてましたので、なんだか今はさみしい気持ちです。

集合小
集合写真(オレンジTは息子のサム、赤Tはクライブ、右端は奥さんのロズ)!

さて、まず始めに、皆様に重大な報告があります。
なんと、てっきりクライブ・ワインだと思いこんでいた彼の名前ですが、帰国数日前に「ウィン」と読むのが正解だと発覚しました!実はアメリカ国内でも珍しいファミリーネームらしく、きちんと読まれることが少ないと言ってました。最後にeがついているので、ワインと読んでしまう人も少なくないそうです。

控えめな博士。時折、英語を話す人と会って自己紹介をする時に「クライブ・ウィン」と言っている気がして、「もしかしてウィンと発音するのでは?」と確認したところ、上に書いたような話と共に「実はウィンなんだ。言い出だすきっかけを失って・・」苦笑してました。ごめんなさーい!の平謝りです。このたびD.I.N.G.O.のスペシャリストになって活動をサポートしてくれることにもなったので、HPなどではきちんと訂正していきます。

さて、世界中の犬のことを知りたい有識者の間では「ヒーロー」と称されるレイモンド・コピンジャー博士のイチオシであるクライブ・ウィン博士は、穏やかで控えめなところもあるけど、一旦専門分野のこととなると非常に論理的で(当然ですが)科学的な判断をし、良い意味での討論を楽しめる人物です。

犬が私たちと暮らすようになったのはなぜかとか、ロシアの銀ぎつねの実験を行った施設を実際に訪れた時の話や、彼が専門としている認知学の話を、驚くべきエピソード(体験談含む)や楽しいジョークをまぜながらセミナーを進めてくれました。エキサイティングで、通訳中にも鳥肌が立つような感覚を覚えましたよ。動物を科学的に知ることって本当にロマンチックです!

日本は初めてということで観光もしましたよ。京都や浅草などにも行ったのですが、なかでも一番のお気に入りはどこだと思いますか?新横浜駅前のラーメン博物館。施設内の30分ビールのみ放題にチャレンジしたり、駄菓子やさんをのぞいたり、射的を楽しんだり。そして(たしか熊本の)ラーメンを食べたのですが、これは最高に美味いラーメンだだ!と大盛り上がりでスープまで飲み干すくらいの完食っぷりでした。

息子さんのサムが気に入ったのは、任天堂博物館と100円まわるスシのくら寿司!外国人のおもてなしにくら寿司はどうなんだろうとか、行ったことは公にしないほうがいいのかもなどと考えながらでしたが(苦笑)、結果行ってよかったです。くら寿司に行ったことのある方はご存知かと思いますが「びっくらポン」。あれにかなりはまって興奮してました。お皿を自分でかたづけると、自動的にカウントされ5枚で1回の抽選でガチャガチャ的なおもちゃがもらえます。サムはひたすらお皿を片づけたがり、そんな様子を父クライブは目を細めながらながめて、「この様子をスキナーが見たら喜ぶな」と軽いジョークを飛ばしていました。

サムと犬達
犬達ともよく遊んでました!

日本をとても気に入ってくれたようなので、再来日の話もしました。またクライブはウルフパークでオオカミの行動研究も継続的にしているので、様子によっては、日本からのウルフパークで動物行動学や認知学のお勉強ツアーも開催したいです。

また会える日は遠くないよ!
今回会えなかった皆さん、次回はぜひお見逃しなく・・・。
  1. 2011/06/18(土) 23:48:50|
  2. お仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

えぢまま

Author:えぢまま
えぢもねとの毎日をエンジョイしてます。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。